吸引力と小型の掃除機が人気。2台目掃除機の傾向は?

広告

ハウスダスト解決に頼りになるのは掃除機

昨日、WBSワールドビジネスサテライトで、掃除機の特集を行っていましたね。白物家電の中で期待できる唯一のものとして、あげられるのが掃除機だそうです。掃除機の1月から4月までの売り上げは前年比、13%の伸びです。

この頃良く耳にするハウスダストやアレルギー性鼻炎に悩む方が増え、頼りにしたい掃除機に、こだわりたい気持ちがよ~くわります。 掃除機の傾向

2013年の掃除機需要の内訳は?

購入する人の傾向としては、2代目の掃除機として、小型で軽量なものか、従来の掃除機に無かった機能を求めています。

そう言えば、お掃除ロボットルンバもブームは過ぎ去ったとはいえ、やはり日常会話で話題に上がります。

ダイソンのコードレス掃除機は、価格コム・ハンディタイプ部門で人気No1でしたが、他モーターヘッド、布団のダニがとれるものなど、機能が多種多様になってきています。吸引力重視なら、ダイソンでしょうか?

番組で紹介した掃除機は、下記の二つです。

日立アブライアンスのスマートヘッド

掃除をする時家具の間にヘッドが入らず、ヘッドをいちいち取り外して埃を吸わせなくてはならないのは、本当に面倒です。

スポンサードリンク

日立アブライアンスのスマートヘッドは、従来のヘッドの部分より、奥行きが15mm、重さが30グラム軽くなっています。

家具の隙間も、微妙に入りやすくなっていることと、床に滑らせる時に抵抗感がなくスムーズだと言うのが、見た目の特徴。

通常の掃除機は、前から来たゴミを後ろに逃がさないためのハケが取り付けられているために、ヘッドの後ろにゴミが残りやすいということがあります。日立アブライアンスは、ヘッドの中に、後ろのゴミを取り込むローラーを取り付けることで解決しているそうです。なるほど。

レイコップの布団専用掃除機

このサイトでもレイコップの掃除機は紹介しましたが、WBSでも取り上げられていました。

レイコップは、今年上半期の掃除機販売台数で、第一だそうです。価格コムでも、ダイソンに続き2位・3位の枠を独占しています。

レイコップの掃除機は、モータヘッド型で、ヘッドの部分にダニを捕獲するための機能が、下記の三つ搭載されています。

  • たたいてダニを浮きだす
  • 医療用の紫外線ランプでダニを弱らせる
  • ダニを吸引して取り除く

上記のような仕組みで、ハウスダストを90%を取り除くと、説明がありました。布団以外にも、カーペットでもクッションや、布ソファーでも使えそうです。

[dysoncp]

スポンサードリンク