ファンデーションブラシ131が、100万本以上売れている!

広告

毛先を斜めにカットしているのが、ポイント

2012年 @cosme ベストコスメ大賞をとったファンデーションブラシは、資生堂のファンデーションブラシ131です。現在も@コスメを覗いてい見ると、ランキングで第一位を獲得しています。

ファンデーションのブラシを選ぶ基準は、先ずは、第一に肌あたり、硬すぎると擦れていたいし、柔らかすぎると均一にのりません。柔らかすぎず、硬すぎすのバランスがピッタリ来ているものが、良いのです。

毛の密集度も大切です。ギュッと密集率が高いと自然に粉が付き、ファンデの細かい粉で、あたかも肌質がふっくらと見えるのですが、低密度のブラシだとどうも、乾燥肌の時の粉をふいたような感じになってしまいます。高密度だと、何度もブラシにファンデをつける必要もないし、肌摩擦も少ないので負担も少ない気がします。

スポンサードリンク

資生堂のファンデーションブラシ131は、メイキャップアーティストが監修したものです。プロの美肌づくりの手技を研究し開発された高密度ブラシ。

ブラシというと、どうしてもパウダリ―を連想しますが、リキッド、クリーム、固形乳化タイプのファンデーションでも綺麗に仕上げることができるようですよ。

ファンデーションブラシ131は、ブラシが斜めにカットされているのが特徴なのですね。斜めにカットされているので、細かな部分や細く粉をつけたい時に便利です。鼻筋を綺麗に見せるためのハイライトや瞼の上、アゴの部分など、ちょこんとさりげなく強調したい時、良さそうだと思います。斜めの面を全て肌に当ててファンデをつけていけば、ブラシは細くても、触れる面積が広くなって、見た目より効率的にメイクが仕上がりそうです。

スポンサードリンク