ジラフ柄の本革長財布で、野蛮可愛い女性にチャレンジ!

広告

アニマル柄を巧みに操れる女性に仲間入りしようよ

そもそも、アニマル柄を着たい人はチャレンジ精神旺盛な方。だって、動物の生皮が素材なんですから、イメージからして悪い!

磨きをかけたプロポーションを持つ、我こそはという女性が、悪趣味なアニマル柄に挑戦します。いかに、センス良く着こなせるかどうかという、無謀な賭けから始まったと想像します。だから、ファッションで冒険しても、少々のことでお財布に響かないセレブや女優、血のつながりのないパパを持つ女性達だったのです。 ロゼシリーズ

アニマル柄がゴージャスに見える理由

そういう方って、絶対に、完璧なルックスです。アニマル柄をセンス良く着こなしているのを見た、他の女性がまたライバル心をかき立てられてます。我こそは思う方達が、次々にチャレンジを繰り返していくのです。

アニマル柄を着ているのが、みんな『いい女』ばかりなのは、そのせいなのでしょうね。

我こそはと思わない私のような女性は、アニマル柄には縁のない話と関わりを持ちません。そりゃ、かすかなあこがれはあります。。。とも。でも、ダルマさんの体型では無理なわけです。

現実的には、アニマル柄がゴージャスに見えるのは、ゴージャスな人が着ているからで、貧弱な人が着れば、ガラガラした模様がうるさいだけのファッションにしかならないはずです。これは、私の持論であって、異論のある人もいるかな?

本物ではなく、ポリエステル繊維のような生地に、ゼフラ柄とかヒョウ柄とかをプリントしたシャツとか、パンツとかあります。アバンギャルドな雰囲気を出すためだったら、斬新かもしれません。でも、上品なゴージャス感は、届きません。

アニマル柄の裏には、動物の生皮があるという暗黙の了解があり、そこに高価な価値を感じているのです。プリントでは駄目です。危険な狩りによって仕留められた生きた野生動物の皮だから、希少価値があり贅沢なのですから。 キリンの群れ

今年のアニマル柄の流行はちょっと今までとは違う

なんと、今年はアニマル柄がはやっているそうです。

しかも、アニマル柄が好きな県は、埼玉県と言うではないですか?セレブの多い神戸でも、ファッションのアンテナが高い北海道でも、ど派手な大阪でもなく、なんと埼玉。普通の県ですよね。

今や、普通の人がアニマル柄を、自然に着る時代になったということなのでしょうかね。つまり、自他共に認める良い女だけではなく、普通の可愛い系の女子も身につけるようになってきました。

時代は野蛮可愛いへ突入

そうなのです、時代はまさに、野蛮可愛いに突入しています。 草食系男子が増え、肉食系女子が増えたことから、来るべきしてきたファッションのなのかもしれません。

下の写真は、ピンクのジラフ柄(キリン柄)なんですよ。今までのワイルド感が、一気にメルヘンチックに変身しました。

こちらは、AETHER(エーテル)のロゼ・リッシュという財布です。 ヒョウやワニ、ジャガーやトラなどの野獣でなく、草食系のキリンであることが敷居を一気に下げてしまいましたよね。 ポニーヘア二つ折り長財布

ポニースキンの手触り

ロゼ・リッシュは、本物のポニーの皮を使用しているので、ゴージャス。合成とは違う、動物の皮の強さとしなやかさ、しっとり感が魅力。

ところで、ポニースキンを意味するところも、ご存じでしょうか?馬の子供という解釈もありますが、小さい馬を指している解釈もあります。

いずれにしても、細い毛が規則正しく並んでいます。柔らかくて細い毛の1本1本のキューティクルは整っているようで、手触りはつやつやでした。毛並みの良い、若い猫を撫でているような安らぎ感があります。 ポニーヘアがま口長財布

製法は、一度ポニースキンを脱色した後、ピンクとゴールドのラメ箔で染め上げているそうです。

スポンサードリンク

ジラフの斑点は、一つとして同じ形、大きさのものはなく、ランダムに並べられています。規則性のあるドット柄とは違う、ぬけ感があって心も和んでいくようです。ピンクとゴールドの配色も、他で見たことがない新鮮さがあります。

但し、使用する革の部位などで、全て同じ色や柄になりません。革の状態もきっと、左右されてしまうので、思っていた色とは違うことは、了承しておきましょう。

ヘアレザーの名門タンナー「abip社」製

AETHER(エーテル)は、自らの足で買い付けを行っています。イタリアミラノで開催される革の見本市に、参加したりしているそうです。

abip社は、イタリア北部の首都の名門タンナーで、1940年に創業の老舗。ポニースキン、別名ハラコを使った皮の加工を得意とし、靴、鞄、革小物などを製造しています。イタリアのファッショナブルなセンスを、存分に反映して、滑らかな手触りと風合いは格別といわれています。

買い物が楽しくなる使いやすい財布

下記の写真は、人気のがま口タイプの長財布。口コミでなるほどと思ったのは、ラウンドファスナーだと、3方向のファスナーを開ける必要がありますが、がま口だと、1回パチンと開ければいいんです。時短で会計が出来そう。

カードは16枚が収納可能で、大きく開いて中身が見渡せる使い勝手で、会計をスピーディに行えそうです。フックはイタリアPRYM社製で、開け閉めの際に、軽い力で心地よい音がします。

小銭入れの部分は、たった一つのスナップで止めるようになっています。スナップを閉じれば、小銭は飛び出さない設計になっています。

がま口は、90度以上開くために、必要なアイテムをすぐに取り出すことができます。 ポニーヘアがま口長財布

同じジラフ柄の革小物

同じジラフ柄の革小物があります。

がま口の個性は好きではない、という方には二つ折りの財布。 ポニーヘア長財布

アニマル柄は好き好きがありますので、サプライズプレゼントの場合は、値のはらないアイテムから差し上げる方が良いようです。

下記のキーケースなんかは、手軽です。しかも、常に持ち歩くため、使うときに貰った方のことを思い出します。 ポニーヘアキーケース

4個のキーが掛けられて、プレゼントする彼の部屋の鍵も収まるかと考えただけで、わくわくしませんか? ポニーヘアキーケース

AETHER(エーテル)の実店舗で人気なのがロゼ・リッシュよ

自由が丘の駅を降りて渋谷方面に歩いて行くと、AETHER(エーテル)の実店舗があります。ウィンドウ越しに飾られたバッグは、当記事で紹介中のロゼ・リッシュと同じ柄のバッグでした。こちら、人気なのですね。 AETHER(エーテル)自由が丘店

右横には、さくらの花びらが浮き立つシリーズが飾られていました。

店内は無垢の木ではられていて、しっとりと落ち着きます。全身が移せる鏡で、バッグの姿を映し出すことができるのです。 AETHER(エーテル)自由が丘店

後ろ側には、椅子もあって、お店の人とじっくりと話もできるようになっていました。 AETHER(エーテル)自由が丘

自由が丘は、ランチやスイーツの美味しいお店が一杯です。個性的なアパレル店や、雑貨店も揃っています。わざわざ訪れても、十分に楽しめるのが魅力ですよね。

スポンサードリンク