保冷コップでキーンキーンに冷えたビールを飲みたい方

広告

ガラスの保冷コップで、口当たりとビールの泡を目で楽しめる

ビール好きには2通りあって、頭がキーンとするぐらい冷えたビールが好きな方と、ぬるいと感じる少し手前ぐらいがおいしいと感じる人もいます。

ちなみに、日本の大手メーカーのビールのほとんどは、冷やし気味で飲むように作られています。温度で言うと、5度~7度ぐらいです。冷やし過ぎ派に、軍配は上がりません。

ビール好きは瓶ビールに、こだわる人もいます。瓶ビールを飲むためにわざわざ、酒屋でケース買いをしているぐらいです。(あれ、これ我が家の夫のことだわ。)缶ビールだと、ビールに缶のアルミの味が移っている気がするからだそうです。ビール瓶

缶ジュースが普通になり、アルミ缶に馴らされたと思いきや、ペットボトルが一般的になると、プラスチックにも抵抗がなくなってしまいました。この流れから、アルミ缶のビールへのこだわりも薄れていきました。

今はとっても、便利でおしゃれな時代になったけど、アルミやプラスチックの容器で、飲んだり食べたりすることに、異を唱える声がありません。少し前の日本は、プラスチックのお茶わんは、子供用で安物のイメージがありました。アルミの食器は、給食で使われているイメージがあり、やはり、おしゃれとは程遠かったのです。

そういえば、オフィスに置かれているコーヒーメーカーの横のカップも、プラスチック製です。香りと味にこだわるコーヒー通も、カップには四の五の言う人はいないのでしょうか?

耐熱ダブルウォールグラスについて

おばさんが勝手なことを言っていると、思われていることでしょう。

ところが、ベルメゾンのデイズから、手触りや口触りにこだわった耐熱グラスが、シリーズで発売されています。中でも、写真の耐熱ダブルウォールグラスは、使い道が色々です。耐熱グラスシリーズ

耐熱ダブルウォールグラスは、ガラス素材。冷たいビールが温まりにくく、温かいレモネードが冷えにくい、保冷・保温効果があります。家で過ごす時に、ガラスのコップでくつろぐ時間を持てます。耐熱ダブルウォールグラス

ガラスの口当たり

グラスが2重構造になっていて、キーンと冷えたビールがすぐに温まるのを防いでくれます。結露がしにくいので、テーブルをぬらすこともありません。

ステンレス製の真空断熱タンブラーも、冷えたビール用に使われますが、冷え過ぎたコップに口をあてると金属を感じます。

スポンサードリンク
グラグごと冷凍庫に入れられる

真空断熱タンブラーと同じ機能にするために、ガラスが2重構造になって、コロンとした形をしています。

キーンと冷えたビールが好きな方は、真空断熱タンブラーを冷凍庫で冷やします。写真の耐熱ダブルウォールグラスも、冷凍庫で冷やせます。冷え過ぎた金属は、皮膚に張り付く性質があり、唇が剥がれそうになりますが、ガラスなら心配がありません。

冷凍庫でガラスのグラスが冷やせると聞いた瞬間、小分けしたアイスクリームをそのまま冷凍庫で、保存できればと思いつきました。実は、このグラスなら、可能です。

小分けするアイスは、お皿に載せて運んだ後で『今は食べたくない。』と言われると、困るんですよね。断わる方は、何かに熱中していて、手が離せないからです。その時は、また箱に戻すわけですが、このグラスならそのまま冷凍庫へ。便利!

冬はホットで

冬はホットな飲み物、レモネード等を楽しめます。レモネードって、喫茶店で頼むとガラスのコップに、金属の持ち手があります。この耐熱ダブルウォールグラスなら、手に熱さを伝えません。

ホットウィスキーや、焼酎のお湯割りなど、お酒を楽しむ時も使えそうです。日本酒好きならば、電子レンジでお燗もできます。すっごく便利ですよね。

耐熱ガラスの小鉢3個セット

耐熱シリーズで、もうひとつGOODと思ったものは、ガラスの小鉢です。最近は、レンジ調理の本がベストセラーになって、レンジ料理も食卓に並ぶようになりました。

写真の小鉢なら、そのまま食卓に置けます。透明なガラスは、他の食器とのバランスをそう崩しません。デザインがシンプルであることも、使うシーンを選びませんね。

上記の耐熱ダブルウォールグラスと同じ、アイスやシャーベットも入れられます。直ぐに食べれない場合は、そのまま冷凍庫で保存も可能。耐熱ガラスの小鉢

ベルメゾンの耐熱ガラスの一覧が見られるリンク先を書いておきます。こちらから、チェックしてみてくださいね。
スポンサードリンク