『たくましく生きて欲しい』って願うなら赤ちゃんから脳を育てる

広告

その昔大家族の中で赤ちゃんの脳は育てられたんだね

子供のいじめや、引きこもりなど難しい時代になりました。子供が、独り立ちして自力で生きていけるまでに、憂うつになる事ばかりが耳に入ります。

周囲との人間関係を円滑に保ちながら、問題にぶち当たっても 自分で解決できる賢い子供に育って欲しい、そんなお母さんたちの願いをかなえたのが、『くぼたのうけんWEBスクール』です。 子供とクッション

くぼたのうけんWEBスクールって

『くぼたのうけんWEBスクール』は乳児を対象にした、『前頭連合野 鍛える』ためにつくられた、PCの学習教材です。有名な脳科学おばあちゃんの久保田カヨ子さんを奥様に持つ、久保田競さんが監修したものです。

外部の刺激が一杯ある環境

生まれたばかりの子供は、体も脳も成長期。多くの栄養と情報を取り入れて、自らの体と脳を成長させ、情報網を張り巡らせます。新生児の吸収率が良い時期に、脳科学者の手によって作られた最良の情報で基礎を固めておくということは、お子さんの人生をかなり楽にさせてくれるはずです。

脳は計算や記憶、理解といった学習面の働き以外に、環境に適応し、自らの力で困難に立ち向かっていく働きもあります。前向きな姿勢や、冷静に状況を判断し、最善の方法を見つけ出すには、訓練された脳が必要です。

スポンサードリンク

大家族の中で、絶えず刺激を受けながら育てられたかつての子供と違って、核家族の中で受ける刺激も少なくなっていると感じます。ご近所とのかかわり合い、少なくなってきています。これは、赤ちゃんの脳の発達に、影響を与えます。

適した時期に、適した刺激を与えてあげることで、脳を鍛えるのに効果的です。考える力や創造する力は、子供がもつ潜在力をバランスよく育てていくことが大切です。

パソコンだって立派な情報源よ

もしかしたら、パソコンを使用してのWEBスクールに抵抗があるかもしれませんが、家族構成が変わりつつある今、必要な情報が刺激を与えるという意味では、変わりありません。特に生まれたての赤ちゃんの脳の発達は、母親とのかかわり方、周囲から受ける刺激によって大きく影響されます。

最新の脳科学理論に基づき、脳が発達する仕組みをスムーズに促すように作られた、くぼたのうけんWEBスクールは、下記のような特徴を持っています。

  • 考えて創造する働きをつかさどる脳の前頭連合野を鍛える
  • 一時記憶を担当するワーキングメモリを鍛える
  • 生きる力「やる気」「意思」の力を鍛える
  • 頭の良い子供を育てる久保田競・カヨ子先生の理論を踏襲している

子供の成長を願う親が一番求めているのは、『自分の力で、たくましく生きていける力』でなくてはならないはずです。赤ちゃんがいるご家庭には、是非とも、検討してみてもらいたい教材の一つです。

スポンサードリンク