網戸の掃除、外壁掃除、タイヤ掃除をタンク式高圧洗浄機で楽々

広告

家庭用高圧洗浄でピッカピッカに

網戸の網の目にこびり付いた汚れを雑巾拭き取るのは大変、外壁をいちいち、デッキブラシを当てて掃除するのも大変、手の入りにくいタイヤや車体の裏側の泥や砂埃を落とすのも大変。ガソリンスタンドや業者が使用している高圧洗浄機があれば、楽楽にお掃除ができるなんて、一体誰が考えたのでしょうね。通販で販売していましたよ。 車と外壁

家庭用の高圧洗浄のしくみとは

家庭用高圧洗浄機を利用しての掃除は、楽ちんそのものです。水圧を利用しますので、ブラシも使わず、角の細かい部分の汚れが落ちないなんて事もありません。掃除の手間がかかりませんし、時間も節約できます。

家には洗いたいものが一杯

網戸や外壁、車、バイクといった、大きなものだけでなく、キッチンの引き出し、ブラインド、扇風機の羽と、今まで、雑巾を駆使して細かい部分を一つ一つ拭いていたようなものも、一気に水圧で吹き飛ばして洗う使い方もあります。大掃除の時だけなんて考えて購入してみたら、しょっちゅう使用していたなんてことになりそうでしょう。

水源と電源の確保が難しい時もある

高圧洗浄機のしくみは、水に電気で圧力を加えて、勢いのある水圧をつくっています。電源と水道の蛇口が必要になってくるのです。

マンションのバルコニーでの清掃するとなると、家の中に長いホースを通すのは嫌だし、蛇口からバルコニーまでホースが届かないこともあります。

スポンサードリンク

外壁掃除の場合、電源は各部屋についていますので何とか、窓からとることができそうですが、水道の蛇口は家の限られた場所にしかありませんので、ちょっと不便です。長ーいホースといっても、高い場所も掃除するとなると、やはり限度がありますでしょう。 車のタイヤ

お水を溜めて使用するタンク式の高圧洗浄機が、このごろTVの宣伝で放送されていますが、ナイスだと思いませんか?

アイリスのタンク式高圧洗浄機 SBT-411の特徴

ご紹介したいのは、アイリスのタンク式高圧洗浄機 SBT-411です。ホースが必要がないと書かれているものの、ホースの長さは5mありますので車の洗浄も2回くらいタンクを動かすくらいです。外壁の高い所や、雨どいも5mあれば、いけそうですね。

アイリスのタンク式高圧洗浄機は、収納も便利。タンク部分に本体がすっぽり入りますので、収納スペースを節約することができます。重さは6.2Kgで、女性でも持ち運びができる重さです。

ただ、気をつけなくてはならないことは近隣トラブル。モーターで水圧を上げますので動作音と、高い場所を使用する時の壁から跳ね返った水しぶき(特に汚れた水だと)が御近所の洗濯ものや布団にかからないように気をつけなくてはなりません。

夏は、水洗いをしても直ぐに乾く絶好のお掃除季節。汚れが気になる部分を徹底的に掃除しまくるのもいいかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメント

  1. 高圧洗浄機 おすすめ 外壁 | 楽楽掃除術 より:

    […] のは大変、外壁をいちいち、デッキブラシを当てて掃除するのも大変、手の入りにくいタイヤや車体の裏側の泥や砂埃を落とすのも大変。 ガソリンスタンドや業者 …(続きを読む) […]