スレンダートーン1ヶ月後の報告 | 巻くだけ腹筋ベルトに目が点

広告

スレンダートーンを1ヶ月で、ウエスト-4㎝だった

ショップジャパンより商品提供を受け、スレンダートーンのモニターに参加しています。1ヶ月前までは、ワンダーコア スマートを、毎朝行っている筋トレに加えていました。ワンダーコア スマートでは、報告したとおりウエストが5㎝ほど減りましたが、以降進展がありませんでした。( 報告記事 ⇒ ワンダーコアスマートの1月半使用報告は、ウエストを5センチ減少 )

ところが、スレンダートーンを使用し始めて、またウエストが引き締まります。1ヶ月弱で、-4㎝で、体重変動は無しの状態です。

同時にワンダーコアスマートはそのまま使い続け、食事制限は一切行っていません。

ブヨブヨの脂肪が、燃焼して筋肉がついたのでしょうか?ちょっと、腹部が硬くなりましたから。減った脂肪と付いた筋肉の重さが、同じだったために体重変動はなかったと、勝手に空想しているわけです。 巻くだけ腹筋ベルト

確かに効果が出やすい肥満体型で、信憑性は大あり

こういった筋トレの効果は、私のように肥満でダボ肉が一杯付いている人は、かなり効果が出やすいのです。しかし、一度引き締まりはじめると、数値を出しにくくなります。引き締まっている人ほど、中々数値として表れにくいのために、数値を減らすための難易度が高くなります。

ショップジャパンのスレンダートーンの有名人モニターに、元国会議員の杉村太蔵さんや、元サッカー選手の城彰二さんが選ばれていますが、いずれもすっごい肥満体型ですね。両氏とも1ヶ月体験した結果、杉村さんが-17.6㎝、城さんが-14.4㎝という結果が出ています。この期間食事制限の指導もあったそうです。

私も体験してみたので、コレ素直に信じてしまえます。 ウエスト測定

スレンダートーンって?EMSって何?

ところで、この記事から読み始めた人は、スレンダートーンって何と思われますので、こちらの記事に使い方を、説明しています。また、何故引き締まるのかという点は、EMSという電気を使っているからです。次に説明します。

EMSは低周波治療器と原理は同じ

簡単に書いてしまうと、医療機器メーカーから肩こりや腰痛用に発売している、低周波治療器と似ています。

あのビリビリっとした、足のしびれのような電流です。 直流の電流ではなく、一定の波形を持つ途切れ途切れの電流で、しかも低い周波数となっています。こうしたパルス状の低周波数の電気刺激によって、人間の皮膚や組織が反応するということは、既に解明されています。

低周波をあてると、微弱の電流が皮膚の中を伝わり筋肉を、刺激したり収縮させます。筋肉が動くことで、周囲の血管やリンパも収縮されて、コリなどで滞っていた流れを回復させます。巡りが良くなることで、他の組織も活性化されて、疲労物質である乳酸が押し流されたり、コリや痛みの改善に繋がると考えられています。

こうした低周波治療器は、家庭用のものはよく見ますが、医療用としてもリハビリなどでも、利用されているのが現状です。 医療用低周波治療器

EMSは、ロナウド選手のシックスパッドで使われている

やがて、ダイエットを目的としたEMSが開発されました。

有名なところでは、ポルトガルのサッカー選手であるクリスティアーノ・ロナウド選手が宣伝している、シックスパッドがあります。私的には最初、皮膚に張り付いたシートが動くのが、ちょっと不気味でひきました。

スポンサードリンク

しかし、筋肉に刺激を与えて巡りをよくする機能は、あらゆる身体機能にとって魅力です。美容面でも、応用された美容機器が開発されてブームです。

各メーカーの開発を知るつれて、EMSは正しく使えば、恐れるべき物でもないって分かりはじめてきました。

EMSは、低周波治療器よりもっと皮膚深部にまで、到達するように設計されて作られています。深部に届けるために強い電流が必要となり、皮膚への痛みやダメージもでてしまいます。

しかし、このような難問も解決しています。

インナーマッスルと呼ばれる身体の深部にある筋肉を収縮させたり、収縮だけでなく筋肉が鍛えることが可能となりました。しかも、痛みを感じることなく安全に使えるのです。これは、様々な努力があったからなのですよ。

スレンダートーンのアブベルト

私が使用したスレンダートーンのアブベルトは、最初は短時間で、使い続けることで徐々に負荷が高くなるように設計されています。負荷のレベルは、10段階です。

ベルトには、『毎回チェックしてください。』と注意喚起を促す、体調チェックシートが書かれています。家庭用といえども、体調がすぐれない時や子供、運動不足の方は使用してはいけないと書かれています。リスクは、ゼロではないと肝に銘じて使うべきです。 巻くだけ腹筋ベルト

1番最初シールを剥がして、コントローラーに電源を入れても、動作はしません。左右の強さの矢印で、数値をあげることで、じんわりと暖かくなります。10段階に分かれているプログラムと、動作開始時に手動で選ぶ強さとで、エクササイズが調節できます。150パターンの組み合わせです。 巻くだけ腹筋ベルト

パットは、内臓全体を覆っている腹直筋用と、左右脇腹の腹斜筋用で、3枚あります。パットは消耗品で、20時間持ちます。1回最長で30分のプログラムを、1日1回なら、1ヶ月は楽に過ごせる計算です。2回でも半月。交換パットは定期便にすれば、3,600円なので、1日のジュース代ぐらいで済みます。 巻くだけ腹筋ベルト

実は私はEMSの美顔器も持って体験済みなのですが、脂肪が多いと電気が伝わりにくいようです。強さをいきなり5にしてはじめました。現在は4です。

アブベルトには、パットを付ける位置が印がかかれています。体型に合わせて、左右の腹斜筋に正しく電流を伝えることができます。 巻くだけ腹筋ベルト

アブベルトをつけて10分くらいで、身体全体が暖かくなりました。つけている間は、ほとんど体調に異変がありません。ただ、全然関係ないときに、お腹がピクピクッと2~3回ぐらいケイレンします。

冒頭のように、結果ウエストは細くなりました。本当に巻くだけで、腹筋が鍛えられてしまうんですね。 巻くだけ腹筋ベルト

パンツのジッパーをあげる時、すっごく楽で、かなりの優越感です。

食事制限をしていないのに、ウエスト周りが引き締まる、大発見をしました。ワンダーコアスマートに続く快挙です。

エクササイズは続けていきますので、また報告します。

スポンサードリンク