子供の家庭学習習慣を身につけるのにタブレット学習を利用しては

広告

タブレット教材で、子供の勉強のきっかけに

アニメ見たりゲームをやっている時は、一人で黙々とできるのに、どうして我が子は、学校の勉強に関しては集中力がなく、直ぐに飽きてしまうの?思いませんか?これは、ほとんどのお母さんの悩みです。 子供が勉強している

子供が勉強にやる気を出すには、達成感です。

ゲームに夢中になるのは、欲しいアイテムや勝利が、その場ですぐにゲットできることです。達成感があるからです。

人生経験の薄いお子さんに、辛抱強く成果の見えにくい勉強を押しつけるのは、それりゃー酷だよって、思いませんか?子供の勉強にやる気が沸かせるには、何と言っても達成感、自信、目に見えた成果です。まぁ、上記に上げた3つとも同じような内容なのですが、最近子供専用のタブレット端末を利用した学習教材は、その辺のところを心得ています。

学研が出した学研ビクトリーは、わずか10分間に問題を解いた後、直ぐに採点してもらえます。しかも、教材はタブレットから映し出される映像と音、タッチパネル方式で、ゲーム感覚で勉強を行うことができます。

学研ビクトリーの利点は、学校の授業の進度に合わせたコンテンツ内容になっていることです。自宅で学んだことが学校と同じであれば、教室で直ぐに成果を出せます。

子供が1日を過ごす場は、何と言っても学校ですから。授業が理解できれば本人も楽しいし、学校が好きになります。手を上げて発言する機会も増えるはずです。いつも一緒に過ごすお友達の中で、ちょっといい恰好ができれば、子供のやる気なんてグングン伸びていきますよ。

さらに、ほんのちょっと先生に褒められれば、そりゃもうしめたものです。やったね!ここでお母さんが、思いっきり、褒めて褒めて褒めてしまえば、後は楽ちん。その気になったお子さんは、10分の問題やコンテンツ学習を繰り返すだけです。

直ぐに成績が分かるタブレット端末は、学習しやすい

学研ビクトリーは、マナボードという専用のタブレットを使用します。大人が見るインターネットとは違い、余計な広告も怪しげなアダルト画像も目に入ることが無く、子供の好奇心がそそられるコンテンツばかりなのも安心です。

スポンサードリンク

トイザらスから発売されていて、先日ビジネスサテライトでも報道されていました。子供が一人で、学習する習慣を確立するだけでなく、コンテンツを通して、楽しみながら充分理解して覚えることができるんですね。

将来勉強嫌いになってしまうお子さんの多くは、詰め込みだからです。理解力と思考力(考える力)を、充分育ててこなかった為とも言われています。

子供のうちから、多角的な学習環境で勉強することは、楽しいだけでなく、理解力と思考力を養う助けにもなるのです。端末に映し出される豊富や絵や図は、お子さんの理解を深め、思考力を養ってくれます。音声やタブレットに触れて画像を動かすことで、五感を刺激することも大切な要素です。

学研ビクトリーは、多くの利点があるため塾とも連動させるシステムもあります。塾へ行けば学力が上がるというのは、昔の話で、やはり子供自身にやる気が無ければ単なる友達とのおしゃべりの場と化してしまいます。

やる気と学習環境の確立には、タブレット教材は今後どんどん導入されていくでしょう。

トイザらスのマナボードの特徴

先に少し述べましたが、トイザラスのマナボードにに入っている学習教材は下記の4つです。

最初は、肩肘を張らずマナボードで、ゲームや書籍などから慣れていくのも良い方法でしょうね。

  • 学研ビクトリー学校の授業の進度に合わせて学習コンテンツで学習可能に。
  • 学研電子図書館学研の人気児童書『ひみつシリーズ』などが魅力ですね。
  • ニューワイド学習百貨辞典小学校の学習内容に網羅した百貨辞典。夏休みの自由研究に役立ちそう。
  • 学研ぐるみ『農園』ゲームや、安全なソーシャルサイトなどで楽しめる。
マナーボードの起動環境

インターネットの接続環境が必要です。この際の通信料、接続料などは別途費用が発生します。

学研ビクトリーは、算数・国語・英語の3教科を、6カ月間利用できます。7カ月目からは、月額4,200円で更新し続けることが可能ですよ。 7カ月目に継続を中止すると、学研ぐるみのみのコンテンツとなりますので注意してください。

スポンサードリンク