まさか加齢のせい?髪のうねりの原因は、女性ホルモンだった

広告

加齢だからと諦めない、頭皮環境のエイジングケア

洗い流すトリートメントでも、思うように制御できなくなってきた私の髪。気がついていたけど、これは生まれながらのものに加えて、加齢のせいだと断言します。

ウーマン エキサイトに、浜中聡子先生の談話がのっていましたが、どんなにサラサラの女性でも加齢の影響で、髪は細くなったり、パサツキがちになったり、うねりや癖がでると書かれていました。

理由は、血流の低下と女性ホルモンです。女性ホルモンは、分泌のピークである20代後半を過ぎた後から徐々に、髪質が変化していきます。30歳を過ぎると自覚症状が現れ、30歳後半にはヘアスタイルが決まらない等が日常的な悩みとなります。やがては、薄毛になり透けて見え始めて、深刻度が増していきます。

血流低下と女性ホルモンの減少は、避けられないものではありますが、生活習慣やケアを心がけることで、頭皮環境をととのえ、うねりの悩み対策を行いたいものです。

  • 女性ホルモンの減少
  • 血流低下

妊婦

女性ホルモン

子供を作るために備わった女性ホルモンは、腰やお腹に脂肪を溜め込み、胎児を守るように働きがあります。カルシウムの流出を防ぎ、皮膚の下のコラーゲンを生成する働きも、実は女性ホルモンです。

女性らしいしなやかな体は、まさに女性ホルモンによって作られているのです。実は、髪のツヤやハリも同じです。薄毛に悩む男性の決定打となる治療は、ホルモン治療と言われているのは、女性ホルモンには髪の成長を促したり、髪の毛の寿命を長引かせたりするからなのです。女性ホルモンが少なくなれば、髪を成長させる環境は衰えて、髪は乾燥してしまいます。乾燥した髪は、空気中の水分を含みやすくなり、うねりを発生させていきます。やがて、白髪や薄毛にと進行。。。

女性ホルモンの減少を補うには、生活習慣しかありません。髪は、女性ホルモンだけが作っているわけではありませんので、他の点で補うという考え方をします。ストレスコントロール、良質な睡眠時間、バランスの良い食事などです。

血行を上げるケア

頭皮の血流対策は、頭皮マッサージ、肩こり改善、適度な運動、充分な睡眠などです。特に、頭皮マッサージは、私にとって、目からうろこでした。

頭皮マッサージ

うねり対策のために、自らに課した正しい髪の毛の洗い方と頭皮の洗い方を実行しているうちに気がつきました。シャンプーは頭皮のみで、幾分指の肌に力を入れて洗うように続けましたら、うねった猫毛のような髪が幾分しゃんとしてきました。今年の1月から決心して実行していますので、根元の毛がしっかりしているのが分かります。

スポンサードリンク

また、シャンプー後もエッセンスをつけて頭皮マッサージを努力します。これは、サボってばかりで、1週間に1回とか2回とかで、自慢できるほどではないのですが、幾分太さが変わった理由なのではと考えるのです。

シャンプー時に頭皮を入念に動かしながら洗うことで、毛穴に詰まった汚れが押し出され、1日の緊張で硬くなった頭皮がほぐれていくようです。うねりがある髪は、ヘアスタイルがうなくいかないために、クリームやワックス、洗い流さないトリートメントなどを使っています。これらの化粧品が、汗で毛穴に入り込んで、少なからず毛穴を詰まらせているはずです。

上述のようなシャンプーの方法にすることで、すすぎ後の頭皮は、気のせいか柔らかく感じます。柔らかくなった頭皮は、老廃物を排出させ、血行を促します。血行が上がれば、髪に必要な栄養分も運ばれやすくなり、髪を作っている毛母細胞の働きを活性化させることができます。

加えて食べ物でも、髪の栄養素であるタンパク質を心がけると、さらにパワーアップできます。

シャンプー後にエッセンスを使えば、綺麗になった毛穴から、グングンとエッセンスの養分を吸収してくれます。自然素材のビタミンやミネラルを一杯含んだエッセンスを選べば、髪にも頭皮にも、良い栄養になります。

加齢の影響で、顔と同じに皮脂が不足して、外気の乾燥や紫外線に弱くなっています。たっぷりと保湿成分を送りこめば、頭皮の乾燥ケアになるし、外気の乾燥や紫外線からのダメージも小さくすることができるのです。失われた皮膚の成分を補う事で、顔のスキンケアと同じに、頭皮はハリを取り戻してくれるはずです。頭皮の乾燥は、毛穴を広げたり、毛穴自体の形を変形させてしまっています。綺麗な円形でないために、髪の形状も綺麗な円上にならないために、うねりを生じさせます。

肩こり改善

こった肩は、体から頭皮へ流れる血流の妨げになります。

ディスクワークの方は、肩がこる前に休憩をとり、目を休めたりリラックスして、肩こりの原因を取り除きます。肩の使いすぎで肩こりになりやすい職業の方も、休憩を心がけます。

肩こりを防ぐ体操なども、毎日行っておくと、肩こりは起こりにくくなります。

適度な運動

運動不足は、基礎代謝を低下させるし、血流も悪くします。心臓へ血液を送り返す静脈の働きを高めるために、ふくらはぎの運動などは、有効です。

スポンサードリンク