ウエストラインと背中ラインをスッキリ見せて、この夏もいただき

広告

ダイエットは後回し、メリハリのあるボディを目指そう

『ウエストのダイエットが上手くいかなかった!』、『背中を痩せるのは難しい!』など、女性の悩みは耐えません。もう夏は直ぐそこなのに、嘆きたい人へ一つご提案します。

パワーネット付きの下着で、ウエストラインや背中をすっきり見せる方法があります。夏までにダイエットが間に合わなかった方は、とりあえず補整下着でスッキリさせて、夏のファッションを楽しみませんか?

下の写真は、補整下着の専門店ブラデリスのバストリフターのものです。ブラの下側の黒い布地がそれです。 バストリフター

補整下着とボディスーツ(ガードル)の違い

体のラインを即効でつくるなら、硬いボディスーツ(ガードル)を選ぶ方もいるはずです。ただ、ボディスーツは、着用しなければボディラインは元に戻ります。ブラデリスは、徐々に脂肪を移動させて、元々の体のラインを補整することを目的としてます。

今回、バストリフターを触れてみて、予想以上に柔らかく、本当にこれで綺麗なボディラインが作れるのかと疑問に思いました。しかし、理想とする体のメリハリに合わせた、パネルの裁断や縫製を調べていううちに理解できました。無理に、抑えつけてボディラインを矯正するのではなく、パワーネットで押し出しながら徐々に整えていく方法なのです。

私は、ブラデリスのブラジャーや桃パンツを利用していますが、この考え方は女性の体に優しいし、努力すれば理想のボディラインが手に入る自信にも繋がっている気がします。

胸だけのバストリフター

ブラの上から補整パワーを上げるバストリフターは、胸周りの脇肉や背中の肉を、すっきり見せてくれます。ブラだけでは、背中や脇の肉を寄せきることができなかった、バストとお腹の境界線が綺麗に出なかったといった悩みを、解決してくれるはずです。

グッと背中や胸周りのラインを、シャープになりたいですよね。

胸を下から引き上げるために、前側が浅くなっています。 ブラデリスのブラは、両脇が通常のブラより高く、脇まで届くタイプのものが多いのですが、この形にすることで、脇肉を前に押し出すことができるようになっているのです。下垂が気になる方はグッと引き上げてくれますし、グラマーさんはサイドから寄せ集めて横幅をコンパクトにするのが狙いです。 バストリフター

スポンサードリンク

そのため、夏の着用にも良い、脇汗パットをつけることも可能なのですね。 バストリフター

後ろ側は、ブラジャの倍近く広い布地になっています。背中の段差をなくすために、広く肩甲骨を覆って、綺麗な背中が目指せます。 バストリフター

キャミソール型のバストリフター

ただ、もっと悩みが深刻な方には、キャミソール型のバストリフターがあります。『バストリフトボディシェイパー』です。

背中やお腹にパワーネットをつけて、キャミソール型にすることで、段差を緩やかにします。例え体のラインが見えてしまう柔らかい布地や、透けたプルオーバーなどを着ても、シャープなボディラインになるよう助けてくれるはずです。

胸だけのバストリフタ―より、肩紐が幅広く、脇側から胸の中央に向けて肉を集めやすくしています。お腹の中央部分は、二重にしてポッコリの膨らみを、抑えるように作られています。両サイドのレースが、そんな姑息な企みもなかったように見せてくれる、可愛い仕上げです。 バストリフター

背中側は、両サイドが二重仕立てになったサイドパネルが、ウエストを引き締め、段差も緩やかにします。 バストリフター

胸だけのバストリフター同様、脇汗パットがついています。 バストリフター

後は、何も考えずに、好みのトップスを選んでみてください。言いたいことは、スリムであることだけにこだわる必要はありません。ちょっぴり太めでも、ウエストが引き締まり、胸とお腹の境目がはっきりするメリハリのあるボディであれば、活動的に見えますし、チャーミングです。

こんな下着を身につけて、ボディラインに自信がつけば、仕事も遊びも精力的にこなせるというものです。今年の夏も、これで頂きですわね。

スポンサードリンク