2013年の母の日 贈物の傾向

広告

強く、ゴージャス、清楚・・・等の言葉が頭を走ったよ

2013年の母の日用の贈物の展示会に出席した時、鉢植えが流行だと聞きました。しかも、リーガースベゴニアのようにほぼ1年中咲き続ける花で、大きめの花が流行のようです。アジサイのように花びらのように見える萼(がく)が沢山ある、大きい花が人気なのも2013年の流れにしっかりのっているからでしょう。母の日の鉢植えに、リーガースベゴニアの重みで鉢が倒れようよ

カーネーションを持つお母さん

母もお花も丈夫で長生き

長持ちして常に花を咲かせ続ける花は、母に、強く・たくましく・明るく・そして長生きして欲しいと言う意味もあるのかとぼんやり考えます。

大きくて赤やピンクの華やかな色であるだけでなく、演出効果ある花もあります。アジサイのように、時の経過に従って花の色が変化していくものや、花びらに縁どられているようにグラデーションのバラなんて言うのもあります。 母親へ感謝の気持ちは、母に負けない明るいアレンジメント花籠で

コンパクトだけどゴージャス

狭い日本の住宅市場から生まれたのでしょうか、アレンジメントと言われる花束は、花の部分ののみを集めて、華やかな表情を楽しむことができます。これだけの花を花束にして貰ったら、かさばって大変だけど、花だけをブーケのようにしてまとめたら、とってもコンパクトでしかもゴージャスです。 母の日はディズニーで。ミッキーとミニのシルエットが楽しい

子供が母に求めるイメージとは

アレンジメントの花器も様々な種類が施され、真っ白い陶器が印象的でした。多くの時を経ても、家電はほとんど白を占め、食器や寝具、タオルなど、家庭にあるもののベースは白です。子供が無意識のうちに母親に求めるものは、やはり、聖母マリヤのような清楚で清らかなものであることには変わりはありません。私のようなおばさんでも、そうです。白い陶器に納められた花束は、実は子供が母親に求める理想に違いないって、さらに私の妄想は続きます。あっ、そうそう、ディズニー好きのお母様のために、シンデレラのガラスの靴に入ったカーネーションも見ました。心が解けそうです。 ずっと綺麗なお母さんで!枯れないブリザードアレンジメントに願いを

スポンサードリンク

本物そっくりはコサージュ

枯れない花・造花の技術の進歩にも目を見張りました。プリザーブドフラワーは、ここ数年よく耳にしましたが、アーティフィシャルフラワーといった高級感の漂う花瓶に目を奪われます。まるで、最盛期の女優の控室に置いてあるような貫禄のあるものも見つけました。

また、淡い花で作られた本物そっくりなコサージュは、思わず私用に買いたくなりました。 優しい母に、ラナンキュラスの花ブローチを贈りたい

銘菓と一緒に花を贈る

母と言えども、やはりスィートなどの甘いお菓子が好きな方は多いはずです。デパ地下や雑誌などで見る、名菓が目の前に現れたら、やはり心が躍るに違いありません。人気の銀座千疋屋や、ツウだけで知っていたこだわりのスィーツが、カーネーションとセットになって展示されていました。時は、カーネーションよりもスィーツの方にコリ、焼きリンゴとバームクーヘンを組み合わせたアップルクーヘンには、ありそうでなかったスィーツを教えてもらったと感心します。 アップルクーヘンのバームは、どうやってリンゴの形に焼くの? バームクーヘン

父の分も母の日に購入してしまう

最も気に入ったのは、母父セットです。母の日に、次の月に来る父の日のプレゼントも一緒に買っちゃおうというものです。父の日は、やはりどうしても、おっくうになりがちです。 母の日を口実にして、今年なら言えるお父さんありがとう

男性の好みは、人によって大きく違う上に専門的で、あげても喜ばれないのが解ってしまうために、どうも尻ごみをしてしまうってことありませんか?でも、母の日とお揃いとなると、何となくそんなこだわりも無くなります。

カーネーションを持つお父さん

盛りだくさんの母の日のプレゼント。2013年5月12日の母の日は、昨年よりお母さんの笑顔が増えるといいですよね。そして、”母の日の展示会は本当に楽しかった!”、企画してもらってありがとう。

スポンサードリンク