食品のまとめ買いをするなら、真空保存フードシーラーがあると便利

広告

まとめ買いした食品を劣化させずに保存

肉類や魚類の節約術の一つに、特売の時にまとめ買いをして、家庭で少しづつ使う方法があります。1回分では多いし高いけど、2回分にすると半額になるといったことはあるはずです。

悩みは、鮮度が落ちること。冷凍したまま次に食べないままで、毎日少しづつ買い物をした方が得だったなんてこともあります。

収納を上手なるためのグッズがあります。やりくり上手な主婦を、目指す方に必見です。

真空にすると食品の劣化を防げる

ファスナーのついた真空パックの袋(ジップスロック)も利用しますが、やはり、冷凍すると臭いが気になります。冷凍すると独特の臭いがありますが、これって、保管する食品のニオイが放つのが原因だそうです。冷凍庫は、温度が低いというものの、ニオイを完全にシャットアウトすることは難しいのですね。特に、魚介類などの場合は、発するニオイが強いので、他の食品への臭い移りもありうるのです。

食品の劣化の原因に冷凍焼けがあります。冷凍焼けは、食品に水分がどんどん抜けて乾燥した後、物質が変質するために起きます。原因は、酸素に触れているためです。袋に入れる時は、できるだけ空気を抜いて保存することが必要です。

真空保存フードシーラー

真空保存フードシーラーなら、ニオイがでにくいです。空気を抜くので食品の酸化を抑えることができます。食品のまとめ買いに便利。

スポンサードリンク
作り置きができる食品って多いよね

食費の有効活用以外に、食べたい時に直ぐに食べれるメリットも、冷凍食材ならではです。

スパゲティーのソースの作り置き、ホワイトソース、あんこなどは、一度に沢山作って、小分けしておけば、食べたい時その都度取り出すことができます。お弁当のおかずや、別の日の料理に回すなど活用方法は色々です。

そう言えば、ご飯も少量を炊くより、多めに炊いて冷凍・解凍する方がおいしいと言われています。冷蔵庫の品質もグーンと上がり、昔より急速冷凍できるようになってきています。働く主婦なら、冷凍庫に、頼りっぱなしという方多いんじゃないかしら。

真空保存フードシーラーなら、密封したまま湯せんに

専用パウチなら、密封したままで冷凍、冷蔵、湯せん、電子レンジの使用が可能になります。

子供が食べる袋菓子も、どうせ湿気るのだから、やむを得ないと食べきってしまいがちですが、これなら、食べ過ぎを防ぐことができますね。

真空保存フードシーラーの特徴

最後に、ポイント!

  1. なが~く鮮度をキープで節約&エコ♪
  2. 料理を作り置きでき経済的!
  3. ニオイの気になる食品でも安心!
  4. 冷蔵庫の省スペース化にも大活躍!
  5. 袋菓子なども密閉して湿気から守るなど、色々な使い方も可能!
スポンサードリンク