スポンサードリンク

自転車レインウエアは、防水透湿素材で足が濡れないものを

雨が降っても自転車にのりたい方に

梅雨時の雨でいちばん不愉快なのは、気温や湿度が高くて蒸れることです。

防水性のレインウエアは、どんなに下に半袖とか涼しい装いでいても、やはり暑くて蒸しぶろ状態です。出先で、レインウエアを脱いだ時、汗の臭いがしたらとビクビクしませんか?歩いていてもかなり蒸すのに、自転車に乗っていたら不快指数はかなり上がるでしょうね。

自転車用レインコート横から自転車レインウエア後ろ

汗ばむ時でも蒸れない

上記の写真は、防水透湿素材を使用したレインウエアです。

1時間に138CCの湿気が抜けるそうです。人間が、一晩の間にかく汗が180CCコップ1杯だとすると、かなりサラサラ感が期待できる値とみました。

ところで、防水透湿素材はゴアテックスをはじめ、スキーや登山用のジャケットで盛んに作られていたのに、レインウエアになぜ、もっと早く取り込んでくれなかったのでしょう。私が、ゴアテックスという言葉を聞いたのは、かれこれ30年近くも昔の話なのに。

超最強であるわけをさぐる

『超最強レインコート』と名前が付いているだけに、今までレインコートで困った部分を改良しています。具体的には、下記のとおりです。

防水透湿素材で、汗をかいてもこもらない。

脇・首など汗がこもりやすい場所に、通気穴が設けられていて通気性がアップ。

胸と背中にベンチレーション(合わせ布になっていて下から風が入る仕組み)で通気性をさらにアップ。

自転車用カッパフード部分自転車雨合羽背中ムレ防止

スポンサードリンク

裏地はメッシュでべたつきなし

開閉部分のファスナ―や、手首からの雨水が入り込むのを完璧に遮断。自転車レインウエアポケット

はっ水力が高く、レインウエアを一振りしただけで水滴がおちる

収納袋は大きく、折り畳んでコンパクトにまとめられる 自転車レインコート収納袋レインコートを入れて袋を絞ったところ

靴を履いたままで着脱できる足カバーは、ボタンで本体と止める外れ防止付き 足カバーが本体とついている所

フードは、ヒモを絞って風で飛ばされない仕組み フードのダーツ部分

収納袋は、手持ちのバッグや荷物を入れて雨よけカバーになる

色は6色、サイズは2種類、レインウエアだけでも購入できます。デザインは、ファスナー部分の色が本体と違っていてアクセントになっています。胸の切り返しや袖口の縫い目も、かわいらしさを演出しています。

上記の商品は、2013年度用のものです。今年もさらにパワーアップしています。

スポンサードリンク