入学式のママのフォーマル服は、フェミニンなスーツでいかが?

広告

春風のようなふんわり感に包まれてすらっとした印象を

ポカポカした春の日差しの中で、ピカピカな服にランドセル(学生カバン)、靴をはいた子供の手を引いての入学式の気分はどんなもんでしょう?これから毎日子供が通う学校に、卒業まで楽しく過ごせるようにと考えると、どうしても身が引き締まってしまいます。 ピンクの背景に桜の花

ママスーツのイメージするところは

沢山のお母さんがくる入学式だから、そんなに頑張らなくてもいいかもって、気がするけど、行き着くところはやはり人並みにということでしょうか?

たまに、淡い色合いのフェミニンなスーツをオフィスで着てくると、『どうしたのママの入学式スーツなんか着て』と言われて、ははぁーん、ママはこう言う服が入学式のスーツって思うのかと、納得します。どうやら、カチリとしたビジネススーツとは趣が違うようです。

季節は春、優しい春風のようなふんわりとしたスーツを着ながらも、華奢なスタイルを、強調したいところです。いえいえ(汗)、実際の体型は顧みなくていいんです。研究し尽くされたすらりと細身に見える裁断を信用して、是非、チャレンジして下さい。

何と言っても、卒業、入園、PTAの役員選出とイベントが多い時期だけに、スーツの新調も、旦那とてとがめないはずです。他に、授業参観や、新しく始めるお稽古ごとの顔合わせにもと考えると、嫌みがなくて無難なものを選ぶのが正当です。

今回は、柔らかいフェミニンなスーツを選んで紹介して見ることにします。

3点セットノ―カラースーツ

(2015年)ベルメゾンより、ワンピース、ジャケット、スカートの3点ものがでていました。

ジャケットがボレロぽくなっているので、下半身がスッキリ、若干足が長く見えるのがミソです。

スカートがAラインのプリーツスカートでありながら、裾がキュッと絞っているので、子供っぽくなく、タイトのようなシャープさがあります。それでいて、気になる腰回りはギャザーでしっかりカバーしている所も、何と言うかそのぉー、嬉しいじゃないですか?

シャンタン素材のスカートは、ツヤとハリがありデザインは柔らかいけど、見た目はシャッキリ、メリハリを楽しむことができます。スカートと同色のウエストの太いリボンも、上品で優雅ですよね。女性らしさをグッと引きあげてくれています。

フェミニンさを、一番感じてもらえるのは、ボーダー調のツイード生地じゃないでしょうか?フォーマルな場面で、ツイード素材を着るのは、男性には無理でしょ?あー、女性で良かったと思うひとつです。確かに、ビジネスではうきそうだけど、ママには似合いますよ。

ツイード生地に縫い込まれた花柄レースは、ジャケットの閉じるところと、ポケットにさりげなくついています。

スポンサードリンク

上着はノ―カラーなので、スカーフ、ネックレス、ブローチ、コサージュと、手持ちのものと合わせることができます。胸もとのデザインが凝っていなく、ストーンとしているだけに、ダイナミックに大きめなものや、色が派手なスカーフであっても大丈夫そうです。

ボレロっぽい形でありながら、ウエストより下までジャケットが来ているので、お腹周りが気になる人には、最高です。

こちらのジャケットは、色は、白とネイビーのジェケットから選ぶことができます。

春先は、ジャケットをそれほど羽織る期間も少ないので、思い切って白にしても良いかもしれません。白の方は、一番活用性のあるスカートをネイビーにしているところが、心強いのです。

シンプルなデザインなので、手持ちのブラウスやジャケットとの組み合わせも、如何様にもできそうなところも気に入りました。 たんぽぽ

コサージュ付き6点セットセレモニースーツ

上記の倍のアイテムを揃えたスーツセットです。兄弟が同時に、入園式、入学式、卒園、卒業式となることも珍しくありません。上記より、4千円位高くて、倍のアイテムを楽しめるならこちらをとなりますかね。

ノ―カラータイプのジェケットと、ペプラム風シルエットがフェミニンな襟付きのジェットの2つとなります。他には、ワンピース、ブラウス、スカートが加わります。

スカートは、裾がちょっぴり広がるAラインですが、襟付きのジャケットと組み合わせると、締まってきます。お祝い気分の時は、ボレロタイプと組み合わせても、華やかに見えるはずです。

ジャケットの襟なしが着れるのは女性ならではですが、カッチリ感を出したいPTAの集まりなどには、襟付きジャケットはむいていそうですね。

ツィードのワンピースは、背中の腰の部分に二本、前はお腹の所に小さくギャザをつけて、細く見せています。ツィードのジャケットも脇に切り返しをつけて、体のラインにフットするように裁断されていますので、『ぼてっと』とした寸胴ラインにならずに、細身に見えるところが気に入りました。

全体的に優しいフェミニンなデザインでありながら、綺麗なラインが強調できるんです。

見ているだけで、手持ちの洋服との組み合わせや着こなしが、浮かんできました。これって、元のスーツが応用が効くデザインである証拠だからですよね。

イベントごとにスーツを購入するのも嫌いじゃないけど、手持ちのスーツを上手に着まわして、何枚も持っているかのように錯覚を起こさせるのも、ママの腕のみせどころとなります。

スポンサードリンク