スポンサードリンク

いつも困っていたフライパンの焦げ付き!鬼に金棒の武器みっけ!

固形の台所洗剤がこんなに良く落ちるとは

鉄のフライパンならたわしで、フライパンが熱いうちにこすって洗えますが、テフロンだとそうはいきません。できるだけ長持ちさせたいテフロン加工ですので、焦げ付き対策に悩まれている方は多いはずです。

フライパンに張り付いてしまった油汚れを、スポンジを捨てる覚悟で洗う時があります。こびりついた油と一緒に食品を落とすために、たっぷりと液体洗剤を使うと、今度はヌルツキが酷くて長~い時間、水ですすぐ必要がでてきます。太田さんちの洗剤

食器についた油汚れは厄介

それでも1回で取れれば、それでOKなのですが、すすいだ後に酷い油膜が残っていたり、食品が張り付いていたりすると、再度洗剤をかけなくてはなりません。その後、また長い時間すすぎで取られてしまいます。

液体洗剤には、手袋の着用は普通のようですが、フライパンに残るヌルつきは手で確認したいものです。どうしても、素手になります。

夕食の後かたずけを終えると、指先はカサカサ。ハンドクリームをつけても、間に合わないこともあります。

料亭でも使われている洗剤を試す

太田さん家の手づくり洗剤、前評判は、手に優しい、環境に優しくてエコということで、実はフライパンなどの油汚れはどうだろうって考えていました。さらに洗剤の成分に含まれる珪藻土(けいそうど)が、研磨剤の役割をしているようです。もしかしたら、テフロンを気づつけるかもという不安はあるものの、私は良しとして使ってみました。

ちなみに、珪藻土について、太田さんちの手づくり洗剤の公式サイトでは、『ベビーパウダーのようなきめ細かな原料で、いわゆる一般的なクレンザーのようなものとは違う』と書かれています。もし、気になるようでしたら、目立たない個所で試された後、使用くださいとも書かれています。

いずれにしても、毎日の食器洗い、手にかかる負担が少しでも無くなればという、理由で使いはじめたのです。 太田さん家の固形洗剤配送時

フライパンの油汚れを洗ってみた

ガーリックソースたっぷりの鶏肉を焼いた後のフライパンです。今日は、何故か汚れが少ない方で、駄目な時はガッツリとお肉がはりついています。 フライパンの油汚れ、焦げ付いた写真

スポンジは1回使用しただけの新しいものです。今回も即ゴミ箱行きかなぁ~と思いながら使います。太田さん家の洗剤に、何度も擦ってスポンジにつけて見ましたが、思ったほど泡立ちはよくありません。 洗剤で泡だてたところ

汚れていないかもと思いましたが、柔らかいスポンジをつけた瞬間、ジャッリって音がしました。 洗剤で洗いはじめたところ

スポンサードリンク

鍋肌をよ~く見てみると、やっぱりこびり付いています。 油で汚れたフライパン

いつもはこびり付いていて、何度もこすったり、お湯を通したりしなければとれない食品のこびり付きを、泡が包み込みます。スポンジに、汚れが移ります。 油汚れをとかして、汚れが移ったスポンジの画像

水を加えながらさらに擦ると、真っ黒。こんなにフライパンが焦げ付いていたんだわと、悲しいものが・・・ 真黒になった

鍋に何もついていないことを、スポンジで確認した後、水ですすいだ後です。すすぎも早く、何と言ってもフライパンがベトベトしません。すっごい。

しかも、スポンジが駄目になっていません。若干汚れが残りましたが、捨てるほどではありません。かんどーう。 洗い終えたところ

汚れを落とした後のフライパンの状態

汚れを落とした後の泡のヌルつきも少なく、すすぎも早くできました。液体洗剤の時は、フライパンの油汚れをとった後のスポンジは真っ黒になり、スポンジの素材も壊れて捨てざるをえません。今回は、驚いたことに、スポンジまでキレイ、フライパンを洗う時についた汚れは、すっかりとれていたのです。

はっきりしたことは分かりませんが、液体洗剤は油を溶かしてとりますが、太田さん家の洗剤は油を丸ごと包み込んで取るのではと思われるほど、すっきりと落ちます。

本当は料理の腕をあげるべきなのだ

私はフライパンを焦げ付かせるのはしょっちゅうなのですが、お料理が上手な人はあまり焦げ付かせたりしないそうです。

フライパンの焦げ付きの問題は、太田さんの洗剤を使うことが、解決ではなく、私の料理の腕を上げなくてはならないと言うことに気が付きました。

でも、クレンザーと金属たわしを使うのがためらわれる時、油汚れやこびり付いた食材を取る洗剤として活用できることは、お知らせできました。

すすぐ時間が短い

太田さん家の手づくり洗剤は、写真のとおり固形石鹸です。液体洗剤のように、次ぐには使えません。最初は、面倒かも、時間が取られるかもと思いましたが、後かたずけの時間が格段に速いのです。理由は、汚れが良く落ちることと、水ですすぐ時間が半分以上違うようです。

しかも、沢山スポンジにつけるより、少量づつ使う方が、泡立ちも良く汚れ落ち良くなります。

使いづつけて随分経ちましたが、この頃では、食器や鍋だけでなく、布巾やシンク・レンジの汚れまで使うようになりました。フライパンの汚れがあれだけとれるのですから、レンジにふきこぼれた汚れも簡単にとれるのです。

仕事を持たれている、忙しい女性に特におススメしたい、キッチン用の洗剤です。

スポンサードリンク