白髪用のヘアカラークリームが、スタイリングと同時にできる

広告

直ぐに洗い流さなくていいから、楽なの

白髪染めは沢山ありますが、くしで髪に馴染ませ、直ぐに洗い流しの不要な白髪染めは便利です。この白髪染めは、光で染まることから、太陽を意味するサンをつけて、サンカラーマックスにしたと思われます。 サンカラーマックス白髪染め

朝、髪を整えるのと同じ感覚で、クリームを髪に馴染ませるだけ。使ってみて気が付きましたが、程良く寝癖も直せてしまうのが、ますます気に入りました。後は、ドライヤーで整えて出勤、夕方には染まっています。

手間がかからない白髪染め

朝、シャンプーの習慣がある人も、シャンプー後半乾きの状態でつけた後、ドライヤーでスタイリングを整えることができます。

丁寧にやらないと染めムラができるのではと、心配になりますが、家庭用で頭皮や髪への負担を考えられたヘアカラークリームの多くは、一度に強く染まることがありません。しかも、毎日つけても大丈夫なので、白髪が残ってしまったところや、上手く染まらなかったところは、次の日に補正できます。

徐々に黒くなった方が、一気に染まるより、周囲の人の目をごまかすことができるというのも逆に利点となります。使用してみると分かりますが、染料を1日髪につけたままにしておくために、想像以上に染まりますよ。しかも、色持ちも良いのです。これって、頻繁に白髪染めをしなくてはならなくて、ストレスになることもありませんね。(染毛効果は20日以上)

入浴時間が短い男性にぴったり

直ぐに洗い流しが必要なヘアカラークリームは、入浴の際に行いますが、カラスの行水のお父さんなら、放置時間が苦痛なはずです。白髪用のクリームを塗ってから、髪が染まるまでの放置時間は最低でも5分はあり、寒い冬やバスタブにつかるのが苦手な方には、その5分でも長いですよね。 浴室

部分染めがやりやすい

乾いた髪に、白髪のあるところだけ染めることができる部分染めなので、前髪だけ、髪の根元の部分だけを染めたい人には、やりやすいはずです。

浴室の曇った鏡を見ながら、塗れてくっついた髪の白髪の部分だけを染めるのって、結構難しくないですか?朝、明るい洗面所でじっくりとつけられるサンカラーマックスだと、黒い髪の部分にあまり染料をつけることなく、染めることができるので便利です。

スポンサードリンク

『白髪用のヘアクリームは、やはり白髪だけを染めたい』っていうのが本音のところですよね。 サンカラーマックス

髪や頭皮への負担が少ない

白髪染めに使われる成分も、合成染料やアレルギーを起こしやすいジアミン系酸化剤を使用していませんので、頭皮や髪を傷めることがありません。肌が弱い方は無論、白髪染めの染料剤に不安な方でも安心できます。

通常の白髪染めは、髪の内部に染料を入れ込んで色を定着させますが、光で染める場合は髪の表面に吸着するだけです。髪が痛んで、パサパサになったり、切れたり、細くなったりする心配はありません。

私も使ってみました

出がけにサッと筆で濡れる白髪隠しとちょっと似ています。でも白髪隠しは、ポイント白髪用ですよ。ある程度ボリュームのある白髪は、専用のクリームを使って染めないと、経済的ではないと考えて購入を決めます。

大きな袋に入って、宅急便で届きます。 宅急便の袋

コレはサプライズ。こんなにしっかりした洗顔石鹸をおまけに貰えました。 洗顔ソープ

ポイントシールを張る事ができるシール台と、1回分のシールがついています。 ポイントシールとサンカラーマックス

クリームと一緒に付いていたくしに、クリームを出してみると、あれ?白い!白いクリームが、光にあたることで髪を黒く染めるんですね。 サンカラーマックス

のばしてみると、水分がたっぷり入っていて、髪の広範囲まで伸ばすことができます。使用する時、少なめに取って加減しながらつけた方が良いようです。

帰宅後、シャンプーをしてみたら、すすぎの黒い液体は直ぐに消えました。他のヘアクリームと比べると、かなりの吸着力というか、ヘアケア剤がほとんど無駄にならない感じです。

ただ、日中つけっぱなしにするために、髪自体のゴワツキは感じます。それ以上に、便利さを優先する方ならご検討ください。

スポンサードリンク