スポンサードリンク

離れ胸をブラジャーでカバーするには

ブラジャーにはしっかり働いてもらおう

離れ胸の原因は、生活習慣、加齢、生まれつきのいずれかです。加齢と生まれつきは努力とはいきませんが、生活習慣ならなんとかなりそうです。

特に胸の肉は脂肪の塊といわれていて、ブラジャーで形が整うことが昨今わかってきました。世の中は”育乳ブラブーム”に突入し、今では育乳ブラの存在を知らない女子はいません。バストアップ

でも、ブラジャーの機能とバストの形の関係を、正しく理解している方はまだ少ないでしょう。大手の育乳ブラメーカーの指導のまま購入し、やみくもに美胸を目指しているといったところです。

離れ胸を改善するために、どういったブラジャーを選ぶべきなのか、調べてみることにしました。

ブラジャーのサイズはバランスよく

ブラジャーのサイズは、小さすぎても大きすぎても胸肉には良くありません。小さいと胸肉がつぶされて、入りきらなくなった胸肉が流れて離れ胸をつくります。逆に大きすぎると、ブラジャーの中で胸肉が遊び、クーパじん帯に負担をかけます(後に詳細)。

大切なのは、アンダーとカップの深さのバランスです。アンダーがきつめなら、胸肉がカップにすっぽり入り切るやや深めのカップを選びます。アンダーに余裕があれば通常より浅めのカップにして、カップ内に隙間が出ないようにします。

カップの大きさ

大きめのカップをつけて、ジョギングのような地面からの衝撃が大きい運動をすると、胸が大きく上下に揺れてしまいます。運動がしにくいだけでなく、胸の肉を支えているクーパーじん帯が切れる危険性があります。クーパーじん帯とは、胸の中に張り巡らされていて、まるいふくらみを維持しています。クーパーじん帯が一度切れると、二度と修復は不可能で、胸は垂れてしまいます。

激しい運動の時は、胸を固定するブラジャー(スポーツブラなど)をつけてください。

カップが小さすぎた時、腕を上げるとブラが上がり、ブラのアンダーで胸のふくらみをつぶしてしまいます。流れた胸肉が、脇や背中に流れ、離れ胸のリスクです。

ブラジャーのカップの形

ブラジャーのカップの形と、胸の大きさ・向きは関係しています。グラマーさんなら、胸全体を包み込めるホールドタイプのものがおすすめですが、離れ胸の場合は、3/4カップがおすすめです。3/4カップブラは、中心に寄ったデザインになっているものが多いからです。

パッドは、内蔵されていないものがおすすめです。どうしてもパッドできれいに見せたいなら、左右横に入っているものを選ぶと矯正効果が得られます。ブラデリスでは、バッドが下側にあるものをすすめていません。

時には、カップの形と胸の形が合わないことがあります。また、気に入ったブラジャーなのに、”内側に寄せる効果がイマイチ”と思うなら、バッドを追加してみましょう。ブラデリスのレモンパッドは、通常のパッドよりやや厚めにできています。購入時に入っているパッドを取り外し、レモンバッドを入れ替える方法もあります。
「レモンパットって何?」という方は、こちらに詳細しています。

スポンサードリンク
ストラップの締め具合

ストラップがゆるくて肩から落ちかかると、クーパーじん帯だけで胸を支えて負担がかかります。逆にストラップをきつくすると、ブラが上がったり背中のアンダーが上がったりします。ブラジャーで胸のふくらみを圧迫してしまいますし、下から押し上げられた時、両方の胸肉は内側に向がず、どちらかの胸は外側に向きます。

その他

育乳ブラがブームになって、胸の形の悩み別にブラジャーを揃えているお店があります。離れ胸の悩みを打ち明けて、お店の人に選んでもらうのがベストです。特に百貨店などは、親切で商品知識が深い店員さんに聞くのが1番です。ブラの布地や構造などで、胸を中心に寄せてくれる効果のあるブラジャーを紹介してくれるはずです。

ワイヤーは左右が中央で繋がっていると、胸を中央に寄せる効果が高めです。脇高のものであれば、脇に流れてきた胸肉をガードさせることができます。こんなことを目明日に選んでください。

ブラジャーのつけ方

胸の形を維持する役目のあるクーパーじん帯は、ブラジャーの誤ったつけ方でもダメージを受けてしまいます。つける際は、胸がカップの中に隙間なく収まり、体を動かしてもブラがずれないようにします。

よく試着する際、背中や脇肉を入れるようにお店の方に言われますが、あれは育乳効果だけではないと思います。カップ内に隙間を作らないための知恵に違いありません。自らの胸肉で、クーパーじん帯を守ります。

女性ならよく言われているように、ブラジャーをつけた際は次のようなことを確認して、しっかりフィットしていることを確認します。

  • 上半身を左右にひねり、カップ内で胸が遊んでいないか?
  • 両腕を左右・上下に振ると、脇から胸肉がはみ出ていないか?
  • 両手を高く上げると、ブラジャーがずれていないか?
  • 肩を回したり、下げたりすると、ストラップが落ちていないか?
  • ジャンプすると胸が大きく揺れないか?
  • お辞儀をすると、ブラジャーの後ろ側が上がらないか?

休日ブラとナイトブラのすすめ

クーバーじん帯に負担がかかりダメージをうける原因に、猫背の姿勢やノーブラで就寝することがあります。夜用のブラジャーのイメージ

離れ胸なら、仰向けに寝ても胸肉の重みでさらに両脇に流れてしまいます。うつ伏せ寝は論外、内側に向く横寝もよさそうですが、クーパーじん帯は長時間重みに耐え続けなくてはなりません。やはり、良くありません。

ブラデリスのナイトブラは、胸の中央でクロスして、離れ胸さんにはぴったりなものがあります。柔らかい布地に包まれて、良い睡眠をとり続けながら、悩みも解消していきたいものです。

スポンサードリンク