細く見えるスカートとパンツなのにウエストが楽ちん

広告

腰回りがすっきりさせて、ストーンと見せる技を発見

スカートやパンツをはく時、腰回りを見せたくないために、シャツを外に出したり、上着を羽織ったりしてしまいます。

私だけかと思ったら、スリムな女性も腰回りを隠したいそうです。多くの女性のコンプレックスはここにあるようです。

ウエストが引き締まった女性ほど、腰回りとのサイズ感が開くので、お腹がぽっこりと勘違いしやすいこともありますけどね。

年齢を重ねれば重ねるほど、腰回りに肉が付くのは自然の摂理です。着こなしや洋服のデザインでカバーすることができれば、外出も楽しくなりませんか? 細く見えるスカート

太って見えるウエストゴムとロングなのに、すっきりな理由

今回紹介するボトムは、いずれもウエストにゴムが入っているものと、スカートは長めです。ウエストゴムにロングスカートとなると、私のようなデブが着れば、ドラム缶です。でも、これから説明する工夫が、スカートやバンツにされていれば、私とてなんとかなりそうな予感がしてきました。

上の写真を見てください。モデルさんは、スマートな方ですので、タックスカートでありながら、Iラインのスカートっぽくも見えますよね。うらやましい-。

ギャバジンベルト付きタックスカート

トレンチコートなどで使用する、厚手のしっかりとしたギャバジンベルト付きのスカートです。 ベルトは長めにとってありますので、トレンチコートのように腰の脇で蝶結びにしても良し、中央で大きなリボンを作って結べばイマドキのファッションです。

ベルトループの数を通常より多くしていますので、ベルトの結び目がどこにあっても、ベルトが垂れることがないようにしてあります。普通にベルトを巻いても、ベルトは収まります。

お腹が気になる前の部分は、膨らまないようにタックが細かくとられていて、お腹周りをさりげなくカバー。逆に、腰からふくらはぎまでは、直線になっています。タックスカートでこの直線は、そうありませんね。

ベルトの位置が、通常より低いので聞いてみたら、『贈り物の袋の上部を、縛るラッピングのようなデザインです。』と言われました。後からよく考えてみると、タックの膨らみを下のベルトがほどよく、押しつぶしてボリュームを下げていることに気が付きます。タックスカートでありながら、Iラインを連想させるのは、ベルトの位置を下げていることもあるようです。 細く見えるスカート

横から見ると、Iラインの印象はさらに増して、お腹周りも腰回りもすっきりしています。お腹周りがぽっこりしているのを、自分の体型のせいにする真面目な方は多いのですね。多くの服を試着して、体のラインがきれいに見える服を探してみると、結構あるものです。服の裁断の仕方やデザインで、カバーができると知れば、気持ちが安らぎませんか?

ポケットは、そこにあるとは気が付かない横スリットタイプ。上着を着ない季節には、フル活躍してくれるはずです。 細く見えるスカート

後ろ側から見ると、完全にタイトスカート風です。タックの数を少なくして、ギャバジンベルトがタックの山をしっかりと押しつぶしています。 細く見えるスカート

スポンサードリンク

前の横部分は、重なっていてちょっと見、巻スカート風です。2枚重ねの部分をつくり、下への重力を増やすことで、スカートを横に広げない工夫がされているようです。 Iラインに見える秘密は、ここにもあったようです。 細く見えるスカート

写真の色はチャコールで、オフィスで使うのに丁度良い黒と灰色のバランスとなっています。手で触ってみると、さらっとしていて、木綿っぽい麻といったところです。初夏の汗ばむ季節に、風を通しながら着れそうな感じです。

同じタイプで、デニム調もあります。生地が、厚くしっかりして体のラインを拾いません。タックの膨らみもわかりにくくして、お腹や腰回りの膨らみを感じさせなくしてくれるはずです。うーん。私のようなデブ体型の方は、こちらの方がすっきり見えそうです。 細く見えるスカート

ギャバジンベルト付きパンツ

お腹周りに細かくタックを入れて、ぽっこりを目立たなくさせています。 細く見えるパンツ

タックとギャバジンベルトの位置が離れているために、タックのでこぼこ感が、ウエストにひびかないようになっています。ベルトでタックの膨らみを、押しつぶしているためです。

個人的には、パンツの腰回りにあるタテのシワは、ちょっと気になります。パンツの場合、ここはペターンとしていた方が、ユニセックス感が強調できるのではと思うからです。

腿から足首までは、タックパンツのそれではなく、細身のラインとなっています。

後ろ側は、タックを少なくして、すっきりさせています。(上のシャツをあげていませんでしたので、ちょっとわかりにくくてすみません。) 細く見えるスカート

ベルト付きミディアムフレアースカート

後ろ側にタックを入れ込んだ、Aラインのフレアスカートです。 細く見えるスカート

腰回りのボリュームを下げています。しかも、Aライン独特のふんわり感はありません。光沢のある硬めの布地で、体のラインを拾わないようにしています。

色がからし色のアームカラーで、大人感がでています。

腰回りボリュームを下げている理由には、もう一つ。裾に何本もの直線縫いが、施されているためです。(上の写真、緑の枠内の部分です。)裾が広くて柔らかいと、タックが細かく腰回りに届き、膨らみがちになります。裾が広くても硬いと、タックが入りにくいために、膨らみが抑えられるようです。うーん。なるほどって、感心しちゃうくらい、よく考えられていますよね。 細く見えるスカート

ミディアム丈ですので、トップスや靴が合わせやすく、出番が多いスカートとなりそうです。同じタイプで、ロング丈のスカートもありますので、よりエレガントにと考えるなら、そちらでしょうかね。

スポンサードリンク