母の日に贈る指輪は、色とりどりの小粒の宝石を集めたブーケで

広告

今年は花でなく、ゴージャスに指輪はどう?

あでやかな色石の組み合わせとデザインが楽しい、ジュエリーショップがあります。小粒石でありながら、石の輝きを最大限に引き出し、石の種類毎にカットや光が違っています。数多い小粒石を細いリングにのせて、それは咲き乱れた花束を束ねたブーケのようです。

精密なデザインで手が込んでいるのに、価格は、通常の宝石店のジュエリーよりリーズナブル。これなら、女子の心をわしずかみにすることは、間違いありません。 小粒の宝石を集めたブーケの指輪

このジュエリーショップ ビズーより、母の日特集をラインアップしています。1番人気は、春をイメージした桜色ブーケマルチカラージュエルです。

指輪は洋服を選ばない

ネックレスやブレスレットは、洋服とのバランスに考える必要があります。指輪って、どちらかというと、バランスを考えることはそうありません。

逆に指輪が、つけた方の印象を、丸ごと代えてしまいます。いつもの洋服なのに、なんか華やかな気がすると思ったら、指輪のせいだったなんてことありませんか?

私はあります。

指輪がもたらすパワーとは、おとなしい方が快活に見えたり、気弱な方が強気に見えたり、男勝りの方がしとやかに見えたり。ねぇ、あるでしょう?そういうの。

そういえば、邪気を払うパワーストーンがあるけど、まさに指輪のパワーには、印象だけでなく、気持ちまで変えてしまうパワーが秘められているようです。運も変わりそうと考える気持ちも、わかりますね。

母の日に贈りたい指輪とは

女性らしいあでやかな色を集めた指輪は、何気ない生活にハリを与え、華やかな気分にさせてくれるでしょう。日頃、見守っている母に、贈りたくなる理由のひとつです。

写真のブーケマルチカラージュエルは、小粒の宝石が花束のように集められています。

指輪は洋服を選ばないと書きましたが、ビズーの宝石ブーケシリーズは、特にその傾向が強いようです。

これだけの色の異なる宝石をちりばめていながら、嫌味がありません。だからつけるシーンは、自宅、ショッピング、お稽古事、外食、フォーマルな場でも、大丈夫そうです。

指輪の裏側を見てもらうと、空洞で穴が開いています。これ、下側から光を入れて輝きを増すために、わざとつけられているのだそうです。宝石の輝きのために、芸が細かいって感じました。 小粒の宝石を集めたブーケの指輪

宝石は、同じ種類であっても採掘した場所などによって、色は違ってきます。全てが透明であるというわけではなく、濁っている石もあります。よい鉱石か否かは、鑑定書があるわけではありませんので、購入する方の目利きにかかっているわけです。ビズーは、宝石を購入する段階から、吟味を重ねているそうです。

ふと、指輪の石を見ながら、透明感のある淡い色ばかりを集め続けるのは、簡単ではないと気が付きました。 小粒の宝石を集めたブーケの指輪

土台の金属は3種類の色と、K10とK18から選べる

指輪の土台は、金(K10とK18)です。色は、ホワイト、ピンク、イエローの3色の中から選ぶことが可能です。

Kの後の数字は、金の配合量を指しています。数字が大きくなるに従い、金の配合量が多く、K24が100%金の純金です。純金の方が良さそうですが、金だけだとやわらかすぎて型崩れをおこすリスクもあります。普段使いなら、K10やK18 ぐらいが丁度良いのです。

金以外の金属を混ぜていますが、割り金といいます。割り金は、銀、銅、パラジウムの3種類です。各々の配合量を変えることで、金具の色を変えることが可能です。正確な配合量は、分かりませんが、以下のような感じで色を調節しているはずです。

  • ホワイトゴールド 銅をほとんど入れない
  • ピンクゴールド 銀を少なく銅を多く
  • イエローゴールド パラジウムをほとんど入れない
人気のブーケタイプの指輪を紹介

ブーケタイプの指輪は、色違いのものがあります。いくつか直に見てきましたが、色のバランス、形の組み合わせ、輝きの調和のいずれも、ぶれが感じられませでした。

サクラブーケ

サクラの妖精が、ポカポカ陽気の中を居眠りをして、忘れていった指輪のようです。春の花びらのエキスを、ギュッと封じ込めたのでしょうか?暖色系の透明な石に、魂が吸い込まれそうです。

スポンサードリンク

桜を表現するためにわざわざ北海道から買い付けたのは、ロードクロサイトだそうです。少しオレンジがかったピンクで、石の中にグラディションがかかっているようで、幻想的な印象です。 小粒の宝石を集めたブーケの指輪

紫がかったピンク、赤味が強いピンクのなかに、ピンクダイヤモンドを見つけられます。ひときわ透明感が強く、吸い込まれる気分にさせた正体は、さてはこれかな?

ダイヤに施されたラウンドブリリアンカットの細かな面に、また、ため息がでてしまいました。小粒の宝石なので、余計に光の反射がきれいに見えるんですね。

使用している石は32個、14種類がぎっりりとはめ込まれています。ちょっと触ると、花びらのように落ちてしまいそうな石たちですが、しっかりと固定されていました。

スノールナブーケ

クールで知的な印象を受けるスノールナブーケです。

上記で使用していたピンクダイヤモンドと同じ、ラウンドブリリアントカットが施されています。色は、ブルーダイヤモンドで、ファンシーダイヤモンドの中で、ひときわ人気が高いといわれています。 小粒の宝石を集めたブーケの指輪

小石のカット面が細かく、そこから放つ光で目がくらみそうなです。ブルーダイヤモンドの他に、 透明なダイヤも入っていて、透明度はかなり高いです。

寒色系でありながら、ところどころにあるピンクサファイアが入り、やさしい気分になれました。

パヴェリング・パナシェ・ブーケ

暖色系のサクラ、寒色系のスノールナの次は、いずれの色も満べんなく入れたマルチ色のリングです。かたよらない色の配色は、どんなシーンでも、年齢も選ばずつけられて飽ききにくくなります。 小粒の宝石を集めたブーケの指輪

ひときわ輝く、赤いビルマ産のルビー、真っ青なブラジル産のパライバトルマリン、エメラルドグリーンの言葉通りのコロンビア産のエメラルドが、大きな石で目立っています。

ローズブーケ

ルビーの赤い色は、鉱石がとれる産地によって異なるといいます。赤色を作るクロムの配合量が異なるためです。

ビズーのルビーは、苺のような赤でした。 黒みがかっているわけでも、オレンジでも、青でも、紫でもなく、赤そのものです。公式サイトでは、赤いバラに例えていますが、私の目ではもう少し明るい赤です。 小粒の宝石を集めたブーケの指輪

原色の赤いルビーを取り囲むように、ふんわりとしたピンクサファイアや、ピンクスピネル、ルベライトが引き立てます。オレンジ色の赤、黄色の赤、暗い赤が、アクセントのように置かれていて、更に目を楽しませてくれました。

母の日に贈りたい、 花束のような指輪(宝石のブーケ)の一覧は、こちらから 見られます。

スポンサードリンク