スポンサードリンク

福本伸行の霊漫画が実写ドラマ化、さらに倍増しで楽しむ方法

原作が漫画だけに、状況がぶっ飛び過ぎ

2007年より週刊少年マガジン(講談社)で、連載された『賭博覇王伝 霊』が、日本テレビで『ゼロ 一獲千金ゲーム』のタイトルでドラマ化されます。主人公の霊を演じるのは、NEWSの加藤シゲアキ、他のNEWSメンバーである、小山慶一郎、増田貴久、手越裕也も友情出演する予定です。メンバーの役は明かされてはいませんが、ドラマの重要な役柄となります。 一獲千金

『ゼロ 一獲千金ゲーム』は、Huluでも配信されていますが、もう一つ同じ役柄で『ゼロ エピソードZERO』というHuluオリジナルドラマが配信されます。ちょっと以前に、『トドメの接吻(キス)』でも、同様にHuluオリジナルドラマが配信されていてみましたが、これが結構面白いのです。

ゼロ エピソードZEROの配信前のあらすじが出ていました。一獲千金ゲームに参加する、霊の高校時代の同級生山口カズヤの過去が明かされるようです。テレビのドラマとどう関係してくるのが分からないものの、Huluの会員だけが知る裏事情でワクワクします。まさに、楽しみが倍増し。

『賭博覇王伝 霊』とは

『賭博覇王伝 霊』とは、1000億円を手に入れるために、命を顧みないで戦うゲームの話です。

主人公の霊は、中学生の進学塾で教える非正規教員でありながら、裏の顔を持っています。義賊(金持ちから金品を盗んで貧乏人に分け与える盗賊)と名乗り、振り込め詐欺で被害にあった方へ、無名でお金を送金し続けています。

霊の仲間は、自殺系サイトで知り合った3人です。霊がこの3人を死の直前で思いとどまらせて、強引に仲間に引き込みました。

スポンサードリンク

ところが、振り込め詐欺の犯人グループに霊の犯行がばれてしまい、仲間が拘束されることに。拘束された仲間を助けにいった場所で、在全グループの総統と会い、『王の試験つまり、一獲千金ゲーム』への参加を強要されるのです。

ゲームといっても失敗すれば命を落とす狂人的な世界。ゲームでライバルを蹴落とし勝ち残れば、1000億円の賞金を手に入れることができます。 実写版のドラマを見ていて、ひと時も気を抜けない緊迫した展開に、見ている私も体がいつの間にか硬直していました。

面白いドラマは想像力がかきたてられる

つい最近、『トドメの接吻(キス)』が同じ日本テレビで放送されていましたが、Huluで見逃し配信と一緒に、オリジナルストーリも展開されていました。

トドメの接吻(キス)は、タイムリープ(時間を巻き戻し)して、主人公ホストの都合のよいように状況を書き換えていく話です。ホストは逆玉を狙っています。

時間を巻き戻すことで、ドラマの登場人物の立場が入れ替わります。Huluのオリジナルストリーでは、同じ時間・同じ状況の中で、別のドラマが展開されているのです。

ドラマを見ながら、もっと他の展開方法もあるのではと、想像力をかきたてられることがあります。そう言うドラマは、のめり込んでいる証拠。トドメの接吻(キス)がそうであったように、ゼロ 一獲千金ゲームも、想像力がかきたてられるドラマになりそうです。

スポンサードリンク