ジュートで巻かれたソールとエナメルに布とリボンのサンダル

広告

ちくはぐな素材の組み合わせのサンダルを可愛いと思う人へ

すみません。言ってしまったらいけないかもしれないけど、こんなに統一感感が無くて、バラバラの素材で良いのでしょうか?ソールとサンダルの側面を、ジュート(インド麻、和名では綱麻)で巻き、つま先はエナメル素材、布のリボンでキュッと縛っています。かかとのバンドは布で、足の甲のバンドはエナメル素材です。 ジュートウェッジソールサンダル

木靴をはいた気分になれるデザインと履き心地

テンデンバラバラじゃないって思うのは、私だけ?

でもデザインはとってもかわいい!横から見ると、足のつま先が上がっていて、円弧を描いています。これだけはっきりした円弧だと、足首の前後の揺れも大きそうですね。木靴をはいた子供のような気分になれそう。つま先が上がっていると、ちょとした段差などつまずく心配はなさそうですね。

かかとのバンドの部分も、通常のサンダルでは使われない幅広にしてあります。長時間サンダルを、履いていると段々足が前にでて、かかとのバンドは外れやすくなります。これだけ、かかとのバンドが太いと、しっかりとかかとに絡みついて落ちにくくなりますね。

甲側ベルトがエナメル素材で、前から見た時、キュッと絞られたリボンと細いエナメルのリボンが、女性らしく見せてくれています。 サンダル踵の部分

スポンサードリンク

ヒールは高いけど、前底部分も厚みがあるので安全

ヒールの高さが10センチで、思わずよろけて転びそうだけど、前底部分に3.5センチの厚みをつけて、履いている時に高さや不安定感を軽少させています。

ベネビス特徴である、中敷きが足の形状にフットするために、土踏まずを中敷きの凸部分で、しっかり足の裏を固定させて安定感がさらに加わります。

照り返すアスファルトの上、地面と距離がある分だけ、暑さをしのげるのも、高さがあるサンダルの良い点です。低いサンダルは楽だけど、真夏のアスファルトを歩く時は、暑くて幾分堪えるよね。 ジュートウェッジソールサンダル

リゾート地で砂浜を歩く時も、砂がサンダルの中に入り込みにくそうとも思いました。

でも、何よりも、このちぐはぐな素材のサンダルを、楽しい!可愛い!って思う方に、履いていただきたいと感じます。 色は5色ですが、ネイビーが人気で良く出るサイズが売り切れています。好きな色をお早めに。

2016年は、上記と全く同じデザインではありませんが、一挙にサンダルを大集合させた特集記事があります。

スポンサードリンク