オイルクレンジングなのに石油系界面活性剤不使用で、良く落ちる

広告

クレンジングの度に肌年齢が上がっていく気がする人へ

メイク落としの度に肌が衰えていく、カサツキや毛穴が目立っていくって思っていませんか?スキンケアの勝算のほとんどが、クレンジングで握っているのではと思う方は、毎日ハード・メイクをしている証拠です。 オイルクレンジング

エクステの毛髪を1本たりとも失いたくないね

エクステをしている方は、もっと複雑。エクステの毛髪は1本たりとも失いたくないけど、シャドウやアイラインはしっかりと落としきって欲しいからです。

年齢肌にさせない洗い上がりの肌感覚は、ほんのり油分

油分を含んだメイクを落とすには、オイルクレンジングは最高なんだけど、洗い流す時になかなか取れないヌルつきや、洗い流した後のカサツキが心に負担になってしまいます。

あ~また、年齢肌を進ませているって、心のどこかで考えているのです。擦り過ぎて角質が剥がれているかも、メイクの油分を除去するチカラで肌の皮脂だって根こそぎ洗い流しているかもと、いつも不安で心配に違いありません。

人の肌は、お皿と違ってキュキュッと音がするほど、油分を取り去ってしまうと健康な状態を保つことができません。洗い上がった時、油膜がかすかに感じられるような、キュキュッとでなくツルツル、スベスベの感覚が一番良いのです。

皮脂膜を残して、洗い上げるのが良い洗顔方法なのだそうですよ。

皮脂膜が肌を覆うことで、外部の細菌から肌を守り、健康な肌を維持してくれるのだそうです。この皮脂膜のことを天然クリームとか、皮脂膜にいる菌を美肌菌などと呼ばれていて、それはそれは、大切にすればするほど美肌になると言われているのです。

洗浄力の強いクレンジングは、肌負担ありはやむを得ない?

DHC薬用デープクレンジングオイルの評判は聞いていたけど、話半分であまり本気にしていませんでした。所詮オイルだし、ポイントメイクを落とせるほどの洗浄力、”肌負担が小さい訳ない”と思っていたのです。 DHC薬用デープクレンジングオイル ← 届いたところ

スポンサードリンク

でも、メイクの上にのせた時、とろみのあるその液体がファンデを包み込み、念入りにメイクと馴染ませる必要を感じさせません。 DHC薬用デープクレンジングオイル

メイク自身が浮かび上がり、水をつけてすすいだ瞬間に、洗面ボールのお水が一気に真っ白になりました。白い液体は、クレンジングがメイクを取り込んで乳化した証拠です。

小鼻の脇やおでこ生え際、ポイントメイクのところだけを、意識して擦ってあげれば、キレイにメイク落としが出来てしまいます。 DHC薬用デープクレンジングオイル DHC薬用デープクレンジングオイル

下記の写真は、チーク、シャドウ、ファンデを、しっかりつけて、クレンジングオイルを上にのせただけです。 クレンジング使用後の手の甲

しばらくおいて、ティッシュでオイルを吸いとってみます。 クレンジング使用後の手の甲

さらに、ちょっとテ ィッシュで力を入れて、ふいたところが下記のとおりです。 クレンジング使用後の手の甲

すっごくないですか?ほとんど、力を加えていませんよ。

オイルの種類がオリーブオイルなのもいいね

このクレンジングは、オリーブオイルなので、肌を健康にする成分が沢山含まれているし、潤いを残してくれます。ローズマリー、甘草誘導体、ビタミンEをなどを他に配合しているので、毎日使い続けても、肌の衰えを感じることがありません。

オイルクレンジング好きの方には、堪らないクレンジング感覚となっていますよ。

DHC薬用デープクレンジングオイル

スポンサードリンク