スポンサードリンク

ブラジャーで肩コリや、背中と首が痛いという方は『家事ブラ』を!

バストラインをキープさせながら、楽なブラジャー

定期的にサイズを見直して、体形にあったブラジャーをつけているのに、どうも肩コリや背中首の傷みがひどいという方は、ブラジャーを変えるのもよい方法です。家事って、掃除や庭の手入れは、通常行わない体の動きが(しゃがんだり、脚立に乗ったり)があります。小さなお子さんがいる場合も、かっちりしたブラジャーはちょっぴり邪魔で窮屈なんて方いませんか?

私の商品レビューはこちら

家事ブラ

ブラジャーによる肩こりはつらいよね

ベルメゾンの家事ブラを見た時、『やっぱり出しましたか』って思いました。市販のブラジャーはどれも、胸の形を良くするために、矯正下着の要素もあるために、胸に圧力が加わっているものです。普段着で、ちょっぴり、見られることを意識しなくていい時ぐらい、体を開放して上げたいものです。

締め付けられたブラジャーが原因で肩コリや頭痛、背中首の傷みがあるという方は、家ではノーブラで過ごすという方もおりますよね。ブラジャーが原因で、血流が悪くなって、体調を崩すなんて方もいるくらいですもの。

ノーブラは楽だけどベストな選択ではない

ノーブラなら、そりゃ楽ですよ。キット。でも、最近では、寝ている時も胸の形が崩れるのが気になるということで、ブラジャーをつける方がいる時代。すっかり、楽であることを理由に、ノーブラでいると、重力に忠実な胸が垂れて悲しい思いをしますよ。

ベルメゾンの家事ブラは、バストをしっかり引き上げながら、スポーツブラのように楽なつけ心地。それなのに、味も素っ気もないスポーツブラとは違って、デザインがかわいらしくて、付ける度に心がほっこり。

スポンサードリンク

ワイヤーと背中にホックがないので、子供を抱っこしたり、一緒に添い寝しても窮屈な思いをしません。添い寝しているうちに、すっかり熟睡なんてことになるかもしれません。

家事ブラの種類は【2016年12月17日更新】

ベルメゾンの家事ブラは、この記事を書いた後も人気が衰えずに、リニューアルを繰り返しています。種類も、通常タイプのもの、グラマーさんのもの、涼しいメッシュタイプのものがあります。グラマーさんと、涼しいメッシュタイプは、おそろいのキャミソールと一体型のものがあって便利です。

通常タイプは、バージスライン(ブラの一番下の部分)のところが、レースになってしますが、メッシュタイプの物は普通の布地です。背中にホックのない被るタイプのブラなので、バージスラインの部分を引き下げて着ると、胸の形が整います。個人的には、メッシュタイプのレースでない方が、キュッと引き下げやすいと感じています。

色も最初は、6色より始まりましたが、8色から9色と年々増えています。

収縮素材で、体にぴったりとフィットさせて着られるので、サイズは3種類。

独自のU字パネルが胸を引き上げキープさせ、ノンワイヤーで有りながら働いてくれます。脇肉が流れないように、脇の幅も高く、幅の広い布地で背中を覆ってすっきり見せてくれます。さらに、ストラップが太めで、肩ひもがずれたりしないように、考えられているようです。

スポンサードリンク