髪が広がる、髪の毛が飛びでる、こんなにお行儀が悪いのは何故

広告

髪の保湿ケアの失敗で髪の広がってしまった時のケア方法は

髪が広がるだけならちょっと頭が大きくなったと、思えなくもありません。(嫌だけど。)でも、広がった髪を縛ったにもかかわらず、数本の髪の毛が飛び出て、綿毛のようになっていることもありました。

繰り返すヘアダイやパーマのせいで、髪が細くなり髪の内部の水分も減ってパサパサになっていたからです。

髪の毛は死んでいる細胞で、傷めてしまうと回復できないので、切るしかありません。勿体ないですよね。細くなった髪の周囲をおおって、綺麗な髪に再現することができるトリートメントがあれば当然そちらの方法を選ぶはずです。 シャンプー後のタオルドライ

髪が広がる原因

髪が広がるシーンは、ヘアダイやパーマ意外にもあります。髪の表面を覆っているうろこ状のもの、キューティクルがめくれ上がったり、剥がれたりも広がる原因のひとつです。

1本の毛の中で、キューティクルが剥がれている箇所とそうでない箇所ができます。剥がれた部分は外気の水分を吸収して膨らみ、そうでないところは直毛です。こうして髪のうねりが作り上げられるために、お行儀よく整列しないで広がっていきます。

シャンプー後のドライヤーをかける時は注意が必要です。髪の根元から一気に乾かすのが、良い方法となります。根元に水分を含んでいると髪が広がってしまうのです。

ドライヤーのかけ方は、キューティクルのうろこに沿って、根元から毛先に向かってかけます。逆に、毛先から根元に風を当て続けるとキューティクルは、めくれ上がり損傷の原因になります。

スポンサードリンク

キューティクルは温めると広がり、冷えると閉じますので、熱風で乾燥させた後は冷風をあてて、キューティクルをひきしておくだけでも違ってきますよ。

もともと髪質が癖毛の方もうねりますよね他の髪とうねりが違い、集団行動ができないので広がってしまうのです。

コーティング剤で覆うことで髪の保湿を保つ

髪の保湿を保ち、広がりを抑えるためには、痛めたキューティクルをコーティング剤で覆うことです。外気から水分が入り込むのを妨いで、髪内部の水分が逃げるのをガードします。

癖毛の場合も、コーティングすることで細い部分を補強させたり、折れ曲がった部分をまっすぐにさせることができるので違ってきます。

ビックリドカーントリートメントの特徴

美容院で取り扱われているシャンプーやトリートメントで、ハホニコが人気です。

このハホニコから、『ビックリドカーントリートメント』を出しています。 ビックリドカーン

広がらないための予防というより、既に髪がまとまらなくて四苦八苦している方用のトリートメントです。

シャンプー後に軽くタオルドライした後、髪に馴染ませてすすぐだけです。

サイトを見ると何度も、一度に大量に使わないように注意書きがありますので、なかなか効きそうですよね。

ドカーントリートメントの特徴は、傷んだキューティクルを修復させるだけでなく、ツヤ艶にヘアメイクしてくれることです。光の屈折率を利用して、頭頂部に天使の輪を作りだすように考えられています。

スポンサードリンク