スポンサードリンク

冷え性からくる血行不良の解消で、足をポカポカにして良い夢を

我慢は禁物、手軽にあったかを手に入れる

冷え性には辛い冬です。分厚い靴下に、遠赤外線のタイツ、下着も遠赤外線、ヒートテックの腹巻と、冷え性グッズは、人並み以上にそろえています。それでも、足りないのです。夜は足が冷たくて寝れないし、足や顔も心なしかむくんでいます。 金時生姜粒

すりおろしたショウガを自分で用意するのは、手間よね

ジンジャーダイエットって、紅茶の中にすり生姜を入れて飲む方法です。生姜によって温まった体が、基礎代謝を促して太りにくい体にするのが狙ですね。

チューブのすりおろしショウガなども売られているものの、鮮度にこだわり生生姜をすると、面倒な話です。良く、口コミサイトなどで、1週間分まとめてすっておいて、冷凍すると良いとありますが、やっぱり面倒です。

第一、冷凍生姜では持ち歩きが出来ません。1週間蓄積した疲れをとる休日、生姜ばかりをすっているのも何だし。。。しっかりと冷凍生姜を作っておいても、ゆっくりお茶している時間がとれなくて、結局冷凍したまま使わないこともあります。

乾燥生姜は発熱感が違うらしい

聞くところによれば、生の生姜よりも乾燥した生姜の方が、発熱感が高いと言われています。生姜と言っても、色々種類があるそうです。

こんな情報は、既にすりおろして乾燥粉末にした、温効生姜のサイトから知り得た物です。大ファンでもあります。ただ~ (^_^;  温効生姜は、粉末でしたので、やはりそのままは飲みずらいし、紅茶やコーヒーの香りを邪魔してしまうというデメリットもあります。

すりおろした生姜が顆粒状に

でも、絶対に嫌というわけではなく、ショウガが香りを引き立てて、おいしいと感じる時もありますが、そうでない気分の時もあって、色々なんですけれどもね。

スポンサードリンク

温効しょうがオンラインショップから、金時しょうが粒がでたと聞いた時は、もっと早くそうしてくれればいいのにって思いましたよ。

生姜のパワーを改めて考えると

生姜には、エイジング作用や胃腸を強くしたりと、多くの効能が期待されますが、冬は何と言っても保温効果を1番に期待したいところ。さらに、毎日飲んで、代謝が落ちて体重が太るのを1gでも止めたいというのも、大きな願望なわけです。

しょうがの成分であるジンゲロールが体内に入ると、血管が拡張して血行を良くしてくれます。冷え性の原因は、血行不良です。冷え性を和らげ、カチンコチンになった肩こりや、むくみも解消してくれます。生姜の保温効果は、食べた後、3~4時間継続するんです。

夕食後飲んでおけば、足が冷たくて眠れない季節、ポカポカの足で幸せな夢を見ながら毎晩寝ることができそうです。

血流が上がって、代謝も良くなりますので、必要以上に脂肪を溜め込みません。

金時しょうが粒をさっそく試した

この冬の私の冷え性対策に期待をかけた、金時しょうが粒をさっそく購入して飲んでみました。

温効生姜は、わずかな添加物もこだわっているために、通常薬の周囲を覆っている、コーディングがされていません。粒に微かなショウガの臭いがしますが、粒が小さいので飲みにくさもありません。但し、なめてみるととっても辛く、噛んでみると飛び上るほど辛いです。

飲み込むと、じんわりと体が温かくなり、手の先や足元がぽかぽかするのが感じられます。しばらくして、肩をすくめたらゴリッていい音がして、ほぐれるがわかりました。冷え性の実力は、温効生姜で既に知っていますが、紅茶に入れるのが厄介な時や、手軽に飲みたい時のために、金時しょうが粒を手元に置いておくと便利ですよ。

スポンサードリンク