使い捨て靴カバーがあれば、雨に日の靴選びも困らない

広告

透明だから、ビニールカバーの存在がわかりにくい

靴を新調したばかりの日に限って、雨に合うことってよくあります。折角の新しい靴を痛めてしまったと、ケチな私は思うのです。 使い捨て足カバー

上記の写真は使い捨て靴カバーです。上部にゴムが入っていますので、ずり落ちることはありません。透明なため目立ちにくく、耐久性抜群のポリフィルムを使用しています。

サイズが大きめに取ってあって靴の上からつけるだけ、使用後は小さく丸めてゴミ箱に入れるだけの手間いらずです。

コンパクトにまとめて、バックに入れておけば、予想外の雨にも対応できます。アウトドアでも、ぬかるんだ土の上や、草だらけの道を歩く時など、必要な時にすぐに取り出すことができるので便利です。

スポンサードリンク

ところで、雨の日の女性の足元を見てみると、すっごく痛々しいことこの上ありません。雨だからと言って、長靴をはけない事情、履きたくない女性もいるようです。

雨の日は、下記のような靴を履いていると、確実に足がビチョビチョ、靴は汚れる、靴は傷むで、その日1日は不快なままで過ごさなくてはなりません。多雨だと、当然2~3日は靴がはけない状態になります。じゃ、長雨で大雨の場合は、最悪~

  • サンダル
  • シューズ
  • 白い靴

また、雨の日も自転車で通勤や通学したいと考えている方もいるはず。雨用のカッパを着ても、靴だけはカバしきれません。靴ごとすっぽり包み込む、カバーはやっぱり便利です。 本当に、便利!

ありそうでなかった、使い捨て靴カバーです。いくつあっても無駄になることは、なさそうなので多めに頼んでもいいかもと思います。

スポンサードリンク