スポンサードリンク

口周り筋肉を鍛える顔の筋トレは、はっぴぃーなストレッチだった

最も新しいフェイシャルフィットネスグッズ

行ってまいりました。コロコロローラーのリファ(ReFa)で、おなじみのMTGの新製品説明会です。

マスコミより先駆けていち早く、その情報を獲得してしまいました。下記の写真は、掲題にある口の周りの筋肉を鍛えるストレッチグッズ、PAO(パオ)です。 フェイシャルフットネスグッズ

PAO(パオ)使った! 口の周りがキツイ!

ヘリコプターのような羽を口にくわえて、ブルブル、ブルンブルンと揺らすことで、自然と口の周りの筋肉が鍛えられると聞きました。

思わずニヤッと笑って、つばを眉につけているそこの『あ・な・た』。私は実際に口にくわえてやってみたので分かります。結構、口の周りがだるくなります。

でも、いいじゃな~い♪なって言ったって、すっごく楽しいし。プロペラの小刻みな動きがリズミカルで、チョウチョのダンスのようなのです。

エクササイズの方法は、1回30秒、1日2回でいいんです。 フェイシャルフットネスグッズ

モニター実験の結果、何よりも笑顔に引き寄せられる

20歳から70歳までの50名のモニターで試したところ、94%が効果を実感した答があります。

このモニター試験の様子をBefore、Afterの顔の画像が、スクリーンに映し出されましたが、詳細を聞かずとも、その変化を見られました。

フェイスラインの境が分からなかった45歳の女性が、斜めに引き締まったフェイスラインになりましたし、ほうれい線も薄くなっていました。この女性の一番頬の高い部分が、実施前は3センチであったのに実施後は9センチになっていたそうです。

頬のたるみが目立っていた男性も、すっきりとシャープになって、ちょっと小顔に見えました。

そしてどの方も、笑顔が魅力的、引き寄せられそうですもの。この商品の開発の目的は、魅力的な笑顔をつくるということです。メリハリのある顔は表情を豊かにし、口角も上がり自然と笑顔です。そう言えば、口角が下がってしまうと、何もないのに怒ってみえたり、不機嫌そうに見えますよね。

PAOの使い方

フェイシャルフィットネスのやり方は、とっても簡単。

スポンサードリンク

口の形を『お』の形にして、PAOのマウスピースを、唇で挟みます。 PAOのマウスピース部分

ちなみに歯で固定させてしまうと、歯を痛める可能性があるそうです。私も、出来れば入れ歯になりたくないので、唇で固定する方法は必ず守ります。

あとは首を振って、左右のバーが揺らします。両方とも同時に鍛えられるので、どちらかだけを鍛える筋力トレーニングになることはないそうです。

MTGの社長が言っていましたが、左右対称な顔なんていないそうです。生活習慣や癖、生まれながらにそうなるのですね。

マウスピース部分にだけ、カバーがかぶせられるようになっていて、ホコリを防ぎます。マウスピースはバーから取り外して、水洗いをすることも可能なのです。 PAOのマウスピース部分

たるみ解消だけでなく、もっともーっと小顔になりたいなんて欲張りさん用に、バーの重みも3種類用意されています。 PAOの重り

ほら、こんな風に重りを外して、とりかられるんですよ。 PAOPAO

持ち運びが便利なように、ポーチもついています。 PAOのポーチに入れるところ

PAOで鍛えられる顔の筋肉とは

顔には約39種類の筋肉がありますが、そのうち5つの筋肉を鍛えるように開発されました。

  • 小頬骨筋
  • 大頬骨筋
  • 頬筋
  • 笑筋
  • 口輪筋

これらの筋肉を鍛えることによって、ほうれい線を薄くし、下がり気味な口角を上げ、フェイスラインを綺麗にすることを狙っています。

重み1g単位に、バーのしなり具合を検証し続けるなど、こだわって作られたそうですよ。

ありそうでなかったフェイシャルフットネスグッズが、こんなに楽しく、確かなエビデンスの元で使えるから、安心して長生きできそうです。

スポンサードリンク