クールラボ素材UV加工カーディガンでVネックで、粋に着こなし

広告

東レのクールラボ素材のカーティガンをちょっと研究

東レのクールラボ素材を使用した、uv対策用カーディガンです。襟がVラインで、かなり印象をシャープに見せることができます。

uv対策用カーディガン

酸化チタンが紫外線からガード

長めの丈で、腰やお尻がすっぽりと隠れて、私のようにコンプレックスがある方にとっては好都合なデザインとなっています。

東レのクールラボ素材は、uv対策のアームカバーにも使用されていて、好評なようです。紫外線ケアで使われている酸化チタンを、高密度・多層に織り込んだアクリル繊維です。

酸化チタンって、パウダリ―ファンデションの原料でもあり、顔のUV対策を行ってくれるものです。化粧品の中で、酸化チタンは肌に害を及ぼさないために、ファンデ以外にも下地などにも配合されています。

スポンサードリンク

着心地はさらり

アクリル繊維なので、汗を含んだ生地が肌にまとわりつくこともなく、吸汗・速乾性に優れています。木綿は、着心地がよいのですが、汗をかくとべたっと肌にくっつき、汗の多い季節はかえって不快です。アクリルの方が、真夏は心地よい!

また、クールラボ素材は、吸汗速乾性があり、洋服の中の熱を逃がし比較的涼しいのです。

冷房の冷え対策に1枚持っておくと便利

紫外線は、室内にいても入り込み、人体に少なからず影響を及ぼすと言われています。また、東日本大震災以来、節電の意識は高まったとはいえ、電車やオフィスに長時間いれば、空調の冷気は辛いものです。uv対策と、冷房からの防寒対策に、シンプルなカーディガンを持っておくと、重宝します。

これだけ丈が長いと膝かけにもなりそうです。

ただ、腰回りが長いと、車の乗り降りや、自転車やバイクの乗り降りの時、何かにひっかけたりしてわずらわしいかもと思います。長めのスカートも、逆にミニスカートも合わせずらいかもと、個人的には思いました。

色は5色。サイズは、M、L、2L、3L、4L、5Lの6パターンとなります。

スポンサードリンク