スポンサードリンク

ストレス解消になる涙を流して明日の元気を作る方法

フェイクの悲しみで、心の重みを押し出そう

園芸の基本は、表面の土が乾いたら、たっぷり水をあげることです。水を土の隅々までいきわたらせることで、土の中のガスを抜き新しい空気を入れるためだそうです。じょうろで水をあげる

そのため、土の質も大切。みじんと呼ばれる細かい土は空気の通り道が少なく、じめじめし続けるために根を腐らせます。植物を育てる快適な土は、風通し水の通りが良いものとなるようです。

とまぁ、タイトルと全く異なることから、書き始めてしまいましたが、人間の心も同じだと気がつきました。心にわだかまったネガティブな気持ちや、怒りを洗い流すためには、たっぷりの水が必要です。別の感情で心を満たしてしまえば、一気にネガティブを洗い流すこともできます。

涙が、心を洗い流します。

涙とストレスの関係は多くの人が認めている

涙とストレスの関係は、精神学者や医学関係の人が研究しているらしいけど、正確なところはよく知りません。ただ、いずれも感情的な涙(単にゴミが入って流す涙とは異なる)を、流すと気持ちがスッキリして、ストレス解消につながると締めくくっています。

先の園芸の基本から言えば、心のもやもやを、別の感情で押し流すとなります。もし、涙がストレス解消になるなら、意識的に泣いて、明日の元気を作るというのも断然アリですよね。

ということで、最も安上がり、手っ取り早い方法を提案します。悲しいドラマを観ることです。

これは、旦那を観察して知ったのですが、動画サイトHuluの『星の金貨』がアップされています。これが泣けるし癖になるようで、『星の金貨』と『続・星の金貨』を合わせても24話あるのに、もう3回も見直しているそうです。

ドラマを見ている時に、私が話しかけると猛烈に怒ります。『馬鹿だね~。』我が旦那だけに、なんとも情けない限りで、こんな時間があるのだったら、もっと家のこと手伝ってくれればいいのにと、いらだちも。

スマホからテレビに動画を飛ばし、テレビで見られるます。パソコンで見る画像とは異なり、やはりテレビはキレイ。

Huluは日テレの子会社だけに、日テレドラマが目立ちます。日テレは最近でも、『ボク、運命の人です。』とか、『フランケンシュタインの恋』とか、『トドメの接吻(キス)』とか、『Missデビル』とか、話題作ばかりです。ドラマが得意のようです。ただ、この全てのドラマでは泣けません。

スポンサードリンク
最近のドラマが泣けなくなった理由

最近のドラマは、視点も斬新でそつなくまとめられているものの、感情移入出来るものが少なくなりました。映画にしても、CG(コンピューターグラフックス)や鮮明な画像には目を見張りますが、泣けた話は聞きません。

これって、情報が増えすぎた時代が、感情のほかに、より楽しませる技法や方法が、増えすぎたせいだからではないでしょうか?画像技術も未熟だった時代のドラマは、人を引きつけるためには、感情移入が最も効果的だったはずですからね。

人も同じ。多くの情報に浴びせられている私達は、人の気持ちを思いやる時間が減り、情報に振り回されている気がします。体の中からストレスが抜けないのは、小さな細かい情報で心がふさがれて、風とおしが悪くなっているためです。細かい土であるみじんは、常に垂れ流されている断片的な情報とも言えなくもありません。

そうか、現代人にストレスが多い理由は、溢れる情報のせいで、心を鈍くさせているのですね。(このブログも、そうだと言われれば身も蓋もありません。)

動画でフェイクの悲しみを得る

旦那の行動を冷たい目で見つつも、この発見は自信があります。動画サイトのドラマでフェイクの悲しみを得るのは、すっごく安上がりなストレス解消であります。例えばHuluならば、月額933円(税抜き)で見放題です。

『星の金貨』は、1995年に日テレで放送されたドラマで、感情移入が得意な時代です。酒井法子が主演で、以前事件があったためにしばらく封印されていたたに、古いのに新鮮さもあるから不思議。のりピーの演技に、『やっぱり、天才だわね。』と圧倒されました。共演は、『Jin 仁』で人気がでた大沢たかお、竹之内豊、細川直美、竜雷太、伊武雅刀と、見ごたえある俳優ですね。 夜空の星と大きな木とベンチ

『星の金貨』は、一説には韓ドラの『冬のソナタ』が参考にした話もあります。発想やドラマの雰囲気は、冬ソナに確かに似ています。つまり、『冬のソナタ』が好きな方なら、はまるドラマなのです。

他に泣けるドラマと言えば、2003年草なぎ剛『僕の生きる道』、2011年大沢たかお主演『Jin 仁』、2002年山下智久主演『アルジャーノンに花束を』、2014年三浦春馬主演『僕のいた時間』、2013年満島ひかり主演『Woman』といったところでしょうか?安上がりな、ストレス解消法をお試しください。

スポンサードリンク