まさか◎o◎ 丸いお尻はおばさんのパンツがつくっていたとは

広告

まずは、桃パンツで楽に丸いお尻をつくることにした

『ぷりっ』とした丸いお尻を、おばさんが履くようなデカパンツで作りませんか?『まさかぁ』と思う前に、まぁ私の話も聞いてみてください。

『お尻の形を整えるのは大変』と尻ごみする前に、まずは、やりやすいところからと考えました。もし、ショーツを変えるだけでお尻の形が整えば、そりゃはもうみっけものです。

ブラデリスNYの桃パンツを買ってみました。記事の後半に体験レポートを記述しています。丸いお尻をつくる桃パンツ

女性は男性より前を歩きたくない理由

多くの男性は、同列か女性より一歩前に出て歩いてくれることが多いのですが、たまに、男性に後ろから歩かれることがあります。これって、ストレスではありませんか?

女性って、無意識のうちに後ろ姿を異性に見せたくないって、考えているのだそうです。理由の一つに、お尻の形を見られたくないからでしょ。

スカートが主流だった頃は、ウエストさえ小さければ、垂れ尻であっても、ピーマン尻であっても、デカ尻であっても、さほど気にならなかったのに、パンツを履くようになって、さらにこの傾向が強くなってきました。今時のファッションは、お尻の形が整っていないと決まりませんよ。

お尻の形を作っているものは

お尻の形は、脂肪、筋肉、骨盤の開きによって決められてきます。

  • 脂肪や筋肉が付き過ぎると、デカ尻
  • 逆に脂肪や筋肉が少ないと、ペッタンコな扁平(へんぺい)尻
  • 脂肪の割に筋肉が少ないと、垂れ尻
  • 骨盤が開いていると、四角ピーマン尻

いずれも専用のエクササイズやダイエットを繰り返し、整えていきます。もうひとつ知られていないのは、小さなショーツによって形がいびつになるお尻。上記の4つを補整するのは、時間と労力が必要ですが、ショーツが原因であれば対応は簡単です。

簡単なところからやらないと言う方は、ありませんよ。

お尻の形を壊している生活習慣を知ろう!

出産と言う大役がある女性は、おなかの胎児を守るために、腰回りに脂肪が付きます。年齢が増えれば、ふっくらとした体になるものの、ショーツを購入する時のサイズ感を替える女性はそういません。

ふっくらした腰回りに合わせたショーツって、以前はなかったこともあります。

変わった体形を意識しないで、小さなショーツを無理して履くために、お尻の肉がショーツに入りきらずに、段差になってしまうこともあります。そんなに極端でなくでも、少しずつ、お尻ともも肉の区別がつかなくなっている方も多いようです。

また、ディスクワーク中心の仕事の方は、椅子に座りっぱなし。全体重がお尻にかかり、お尻の脂肪が押しつぶされて横に広がっていることもあるようです。骨盤が広がっているとか、欧米人と骨格が違うからと諦めるのは、まだ早いのです。その横に広がるお尻は、単に座り過ぎといったことかもしれませんよ。椅子

ブラデリスの桃パンツの目的

ブラデリスの桃パンツの目的は、3段階に分けて少しずつ、丸いお尻をつくるように考えられています。

スポンサードリンク
  • ステップ1⇒「癖をとり、お尻と太ももの境目をつくる」
  • ステップ2⇒「お尻の位置が明確になったので、次はお尻を中央に寄せていく。」
  • ステップ3⇒「お尻に高さをだしヒップアップさせる」
ブラデリスの桃パンツを使ってみました

他人が見ても、何を購入したのか分からないように、無地の箱で届けられます。男の兄弟がいる人や、義母さんと同居している方は、下着の通販はちょっと気がかりです。丸いお尻をつくる桃パンツ

ふんわりとしたピンクの包装紙にくるまれているのは、ブラジャなど他の商品の時と同じです。化粧品を注文したような気分になれます。丸いお尻をつくる桃パンツ

キャンペーン中だったため、色を指定することはできない代わりに、3枚が約2枚分くらいの価格で購入できました。届けられたのは、赤と黒と水色です。丸いお尻をつくる桃パンツ

ところで、ブラデリスのメルマガによれば、申年には「幸運を呼ぶ赤肌着」として縁起物なのだそうです。結婚式のサムシングブルーと同じように、干支にもそんな言い伝えがあるのですね。後ろからの写真です。逆三角形がショーツの形とばかり思っていましたが、炊飯鍋のようです。履くと、お尻をすっぽりと包みこんでくれて、布地自体はやわらかいのに圧力が少しあって、ピッタリと体にフィットしていました。丸いお尻をつくる桃パンツ

前から見ると、足の部分より、お尻の布地が下にあるのに気が付きます。徹底的に、太ももの肉を逃さないといったパンツの心意気を感じませんか?丸いお尻をつくる桃パンツ

肌が弱い方には、うれしい仕様です。タグなく、洗濯などの注意事項は印刷されています。印刷されている文字が見えるところは裏側ですが、ウエストのゴムの部分の布地は外側に折り返されています。裏側に折り返さないことで、布地と肌との摩擦を少なくさせているのです。丸いお尻をつくる桃パンツ

履き心地は、履いていないような、ヌードでいるように軽いのです。ピッタリした密着感がある上に、蒸れない素材なために、運動している時もその存在を完璧に忘れます。ただ、履く時はやはりおばさんのパンツのようで、なんとなくダサイ気分ですけどね。丸いお尻をつくる桃パンツ

スポンサードリンク