ストレスで疲れた胃に、永谷園のお茶漬け極膳で贅沢なひとときを

広告

ぐったりの胃なのに何か食べなくちゃいけない時のメニュー

食欲が減退しがちな忘年会シーズン、残業後の深夜自宅での夕食。銀シャリに、さっとお湯をくぐらせるだけのお茶漬けはやはりありがたいですね。外国では、こんなに癒されて、胃に優しい食べ物があるのかしらと、ちょっと得意になったりします。 永谷園お茶漬け

胃がつかれている時は、目や鼻で食事を楽しみたい

お茶漬けというと、細かいあられが入っていて、薄緑色の顆粒状の粉が溶けて、いかにも化学調味料で作りましたみたいな感じが多かったのですが、最近ではそうではないんです。そんなインスタントっぽい味であっても、私はよく食べていたのですけれどね。

ストレスで食欲がなくて、胃が疲れている時は、目や鼻で食事を楽しむというのも方法です。簡単なのに、本格的でお洒落なお茶漬けが永谷園にあります。

スポンサードリンク

冷蔵庫の残り物で作ったような、お茶漬け

よく飲み屋さんでお鍋を食べた後に、白いご飯を持ってきてもらってお茶漬けにして食べるとおいしいでしょう。色んな食材が混じった深みのある味で、体の組織に必要な栄養が全部詰まっているのではないかと、思う時ってありませんか?

しかも、胃にとってもやさしくて、食べても胸やけしないでしょう。永谷園の極膳シリーズのお茶漬けの元は、そんな感じなんです。

だしの風味を頂くので、お茶をかけるのではなく、よーく沸騰したお湯を使います。見た目は、ドラマの家庭で出されるような、冷蔵の庫の残り物で作った手作り風。

永谷園の極膳シリーズは、種類が豊富

日常、テーブルの上に置いてある食材、ちりめんじゃこや梅や鮭といったものから、松茸、蟹、エビ、鯛と高級感があるものまで、揃っているので、贈物としても使えます。ただ、松茸であっても梅ささみであっても、1袋の値段が同じというところが、即席のイメージを強くしてしまうのですが、食べてみれば、そんな嫌味な気分も吹き飛びます。

本物の鮭や鯛の切り身がのっていると、手抜きで食べているお茶漬けなのに、元気がしっかり貰えますよ。独り暮らしの方も、深夜一人で海の香りのお茶漬けで、疲れも吹き飛ばせます。

スポンサードリンク