スポンサードリンク

おやじ女子にそろそろ見切りをつけるための作戦

就寝前に女性らしさを引き出すボディケアを

草食系男子と言う言葉がブームになると、それに対比するようにおやじ女子という言葉が聞かれるようになりました。 喜怒哀楽の感情の起伏を見せずに、白黒はっきりさせることより周囲との融和を大切にする男性ばかりだと、何も決まりません。これでは大変と、女性が主導権を握るようになったのが、始まりのようです。 ブラヴィ ボディミルク

女性が生き生きしていも、心は乾いているかもよ

女性の仕事は、かつてのように補助的な仕事ばかりではなく、責任のあるポストに就く方も増えました。多くの女性に、大きな自信を与えました。女性の職員のことを、腰掛とか、お茶くみとかと呼ぶ風潮もありましたが、今そんなこと言ったらパワハラ扱いされそうです。

今は結婚退社をする女性は少ないと言いますし、ある意味、『おやじ女子』って言葉の裏には、女性の地位の向上を意味しているのかもしれません。

でも、生まれながらに持っている女性ホルモンって、男性の攻撃的なものとは別物なんだそうです。もっと、しなやかでふんわりしたもの(?)らしいのです。自宅で缶ビールをあけてゲップを繰り返すのは、快適だと思うけど、どこか無理があります。 余計な御世話だと思うけど、そんな生活ばかりしていたら、心が乾いてパサパサになっちゃいますよ。

おやじ女子がどんなに増えようとも、コスメ業界やエステ業界の勢いが止まらない訳は、綺麗になりたいという気持ちを、変えることは出来ないんですよ。そんな女心は、不変ですよ。いや、本能かも。

バラの香りが女性ホルモンを誘うそうで、バラエッセンスを配合したコスメが増えたことも、おやじ女子に反することです。 片意地張って、頑張っている女子だからこそ、本来戻るべき場所に戻って心を癒してみたらいかがですか?

スポンサードリンク

プエラリア・ミリフィカで心と体に潤いを与えようよ

女性ホルモン、別名エストロゲンに似た働きをする、大豆に含まれるイソフラボンがあります。イソフラボンは、化粧品などに配合されています。

このイソフラボン以上に、女性らしさを引き出す力があると言われているのは、プエラリア・ミリフィカです。プエラリア・ミリフィカは、バストアップ用のクリームで使われていますが、実は、そんな物理的な効果よりも、女性らしい気分になる方が重要です。女性は、ときめいたり幸福な気分を味わうだけでも、女性ホルモンの分泌を促すことができるそうなのです。

女性ホルモンは、美肌を作ったり髪や爪のハリを保ったりする以外に、体に多くの貢献をしてくれます。コラーゲンの生成を助け、骨密度を保つことにも一役買っています。コレステロールを調整して動脈硬化を防いだり、記憶力を高めたり、代謝を促して肥満を防いだりするのです。恋をして女性ホルモンが増えると、痩せると言うのは、まんざら迷信でもなさそうですね。

つまり、就寝前には脱おやじ女子の時間を取って、プエラリア・ミリフィカでボディケアをすることは、明日、またおやじ女子になるためにも必要な事なのです。もとい、仕事の活力にも繋がるということです。 ボディミルクローション

ブラヴィ ボディミルク

ピュア・メディカルの『ブラヴィ ボディミルク』を使ってみました。

私が何故、柄にもなく女性ホルモンの話を熱心に書いたかと言うと、ブラヴィ ボディミルクの香りにときめいたからです。百貨店のコスメ売り場のような香りではなく、天然のほんのりブルガリアローズの香りです。先にちらりと書きましたが、バラの香りは女性ホルモンと相性が良いために、化粧品に配合されています。

ほんの少量手に取っただけで、伸びが良く、一気に塗ることができます。塗り終えた後は、しっとりで、肌は幾分柔らかくなります。

おやじ女子!、明日の活力のために、毎晩、女性らしい気分になってみてはいかが?

スポンサードリンク