ディズニー好きな彼女が喜ぶプレゼントを、プリンセスシリーズから

広告

ハッピーエンドのプリンセスから二人の将来を暗示

彼女に花を贈る男性なんているのかしらって、時々思います。映画やTVのドラマで目にするけど、あんなこと街のレストランでやられたら顔が真っ赤になってしまいそうです。もとい、二人っきりの公園で渡されても、すっごく照れるでしょう?

渡し方って難しいですよね。

彼女へ花のプレゼントは、超・照れる

花束を貰うという行為自体は、嬉しいけど、その後日に日に枯れていく姿を見るのは、高かったのに勿体ないと考えます。折角のプレゼントが無くなってしまう喪失感があって、寂しい気分もありますよね。

ディズニー好きの彼女に、ディズニーのキャラクターと一緒になったフラワーアレンジメントを贈る、日比谷花壇の企画があります。

実はこれって、凄いって思っているの。花だけだと、照れるし、気障な印象がぬぐえないけど、ディズニーのキャラクターならお茶目だし、彼女も照れずに受け取ることができます。『そうなの、私好きなの』ってさりげなく言いながら、夢心地に浸れそうじゃない?

ディズニー好きの女性は、マグカップやクッションは揃えても、お花を買う人はいないでしょう?非日常的な、自分では絶対買えないものをプレゼントされるのって、すっごく嬉しいんじゃないかって思います。

日比谷花壇では、プリンセスシリーズとして4人のお姫様をモチーフにしたフラワーアレンジメントを用意しています。どの物語もハッピーエンドで終わると言うのがミソ。プレゼントに込めた男性の願いがさりげなく伝わるし、アクセサリーと違って、貰う女性もそれほど重く感じられないところが、”いい”って思ったのです。

しかも、生花ではなく、ドライフラワーにした後アレンジしてあるので、枯れないというのも素敵です。

結婚前のクリスマスに貰ったフラワーアレンジメントが、二人で生活するリビングに飾りつづけることができるんですもの。子供に、『パパが買ったのよ』って自慢できそうでしょ?

と言うわけで、日比谷花壇のプリンセスシリーズを紹介します。

ディズニー アレンジメント「シンデレラの靴」

現代なら、強化ガラスと言う手もあるけど、シンデレラの時代のガラスって、そんなに強くなかったはずなのに、何故ガラスの靴にしたんだろうって思いませんか?魔女のガラスの靴だから、ダンスしたり階段を走り下りてもわれなかったのでしょうが、はかなげな美しさとシンデレラに重ね合わせているのでしょうかねぇ~。

12時過ぎても、魔法が解けずに残ったシンデレラの靴に、白の清楚な花にクリスタル風のピックを添えています。

スポンサードリンク

価格:6,300円(税込・送料別)サイズ:高さ 約10cm、幅 約15cm シンデレラのガラスの靴シンデレラガラスの靴

ディズニー アレンジメント「エキゾチック・アラジン(ジャスミン)」

砂漠の夜を思わせるジャスミンの影が、エキゾチックな色合いのバラの花あふれる船の中に佇んでいます。黄金と、白・赤と色とりどりの絨毯のような船を形度った花器に、「アラジン」の物語に誘い込まれそうよ。

価格:10,500円(税込・送料別)サイズ:高さ 約19cm、幅 約20cm アラジンアラジン

ディズニー アレンジメント「キャッスル・オブ・ソーン(オーロラ姫)」

魔法にかけられて、茨が生い茂る城で眠る『眠れる森の美女』をイメージしています。花器は、しっとりとした陶性で古城を表しています。

淡いバラの花が、エレガントです。

価格:8,400円(税込・送料別)サイズ:高さ 約26cm、幅 約17cm  オーロラ姫オーロラ姫

ディズニー アレンジメント「スノーホワイト・マジックミラー」

白雪姫の美しさを妬む魔女の毒リンゴと、白雪姫の横顔が写った鏡、森に咲く花々を、円形のガラスで覆ったものです。ドーム型のカラスのカバーが、光を反射し、ゆがんだ世界を演出しています。

価格:5,040円(税込・送料別)サイズ:高さ 約18cm、幅 約14cm 白雪姫白雪姫

ディズニー社とのライセンス契約

日比谷花壇は、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ポール・キャンドランド)とライセンス契約を締結し、2009年2月18日からで、ディズニーキャラクターのフラワーギフトシリーズを展開しています。 下記のカードが、ライセンス契約を証明するものです。
ディズニー社とのライセンス契約

スポンサードリンク