楽に早く歩く方法を知れば、ウォーキングも続けられる

広告

歩く速さを上げれば、心・体・頭の健康にいいよ

東京・大阪間の移動時間について。車なら約6時間、新幹線(のぞみ)なら約2時間半、飛行機なら約1時間15分です。人が宿泊しながら歩くとすると、約14,5日かかるといわれています。より高速な乗り物が次々に作られつづけた理由は、『より多くの物を見たい』という人間の好奇心に他なりません。

ビジネスのため、なんて後からつけた口実のようなもの。脂ぎったおやじが、勝手にそう言っているだけです。最初は、もっと視野を広げたいと、単純な気持ちだったはずです。新大阪駅

早く移動すると好奇心を満たせるから楽しいのよ

日常生活でも、徒歩より自転車、自転車よりバイク、バイクより車を利用したレジャーへ向かいます。やはり、好奇心によるものです。

この心理の根底には、スピードがある方が楽しいからです。歩く速さも、ちょっと大股であるくだけで、違ってきます。

早く歩くと健康に良い

最近の運動生理学で、早足の人の方が健康寿命が長く、生存率が高いと発表されています。ただし、女性が男性より長く生きるとデータには、変わりがないようです。

早足の人の方が、がん、糖尿病、心不全、脳梗塞、パーキンソン病、認知症などにかかることなく、精神的にも健康な状態でいられる確率(サクセスフルエイジング達成度)が、高いことが判明したのです。

ただ、だからと言って無理して急に歩く速度を変えても、効果はありません。人それぞれ、個人に見合った体力に応じて歩く速さを、体が選んでいるためです。ピッツバーグ大学医学部のステファニー・ストデンスキー教授は、「人間が動く速度は、その人の活力と健康を如実に表しています」といっているそうです。

毎日、根気強くウォーキングを続けて、健康と体力を増強した後、自然に早く歩けるようになるのが正しい健康法です。

早く歩くと痩せない?

逆に、痩せるための歩く速さは、できるだけスローの方が効果が上がります。スローウォーキング、スロージョッキングが、基本なのだそうです。

急激に体を動かすことで、脂肪燃焼も高まり空腹感を強く感じてしまいます。体は消費したカロリーを、すぐに取り戻そうと焦るのです。

痩せるためには、体に緊急事態を気づかせないようにして、体をだましながら行うのが良い方法。もし、体が緊急事態だと知れば、次の食事時に食べたエネルギーが脂肪として、どんどんため込んでしまいます。

体に負担がなく、効率的にウォーキングで痩せるためには、最初は、30分前後から始めていきます。体についた脂肪が燃焼するには、20分以上の運動が必要ですので、20分から~30分ぐらいが目安でしょう。

楽しいがウォーキングを続けさせる

体が危機感を感じることなく痩せるには、楽に早く歩く方法を身につけることです。早く歩けば、目の周りを通り過ぎる光景の移り変わりを、楽しむことができます。季節の変わり目や、風の流れの変化、すれ違う人の数も増えて、無意識に気持ちが華やかになれますよね。

ウォーキングが楽しいと、潜在意識に埋め込むと継続はできるはずです。こうした楽に歩くことを助けるウォーキングシューズを、ご紹介。

アシックスでゲルムージー(GEL-MOOGEE)という、ウォーキングシューズが発売されたのですが、楽に歩くことを目指しています。

スポンサードリンク

スポーツとしてウォーキングを楽しむなら、正しい姿勢が大切

『いつのもウォーキングがスポーツになる』とパンフには書かれていましたが、重いバーベルを持って筋力トレーニングをするスポーツのイメージと相反するんじゃないのと、一瞬思いました。

でも、スポーツには楽しい要素もあります。正しい姿勢で、体を効率よく鍛えるために、重いバーベルばかりがスポーツではありません。

楽に正しい姿勢が維持できて、楽に足を運べるように計算し尽くされたシューズを履けば、早く歩けます。早く歩くと言うことは、しつこいですが、楽しことなのです。負担なく早く歩けると言うことは、健康にも良いし、痩せることだって視野の中に入るはずです。

アシックスがウォーキングシューズを新発売

「アシックス」と言えば、創業者の鬼塚喜八郎の魂のあの!『オニツカタイガー』のイメージがあります。『オニツカタイガー』は、ロンドンやニューヨークなどの主要都市にあるランニングプロショップで、ベストセラーになるほどの実績のあるスポーツシューズです。

鬼塚喜八郎は創業当時からスポーツにこだわり、スポーツ種目に合わせた足の動きを加味したシューズを、試行錯誤で開発し続けた方です。鬼塚喜八郎の数々の名言と一緒に、そのブランドイメージを疑う人がいません。『スポーツマンは、ころんだら、起きればよい。失敗しても成功するまでやればよい。』は、有名ですね。

そんなアシックスが開発した、効率的な歩行を助けるウォーキングシューズが、ゲルムージー(GEL-MOOGEE)。

ゲルムージ―について

2016年2月12日から、百貨店やスポーツ用品店などで発売されています。仕事や家事で忙しい日々を過ごす方が、有意義にウォーキング時間を過ごせるように、『効率的に歩く』ことに着目したシューズです。

仕組みは、ソール部分にあります。底の土踏まずの部分がたわんで、下り坂を歩く時のような加速が生じる構造になっています。これで、蹴りだしが、自然に前に進みやすくできます。ゲルムージー

歩く時の片足は蹴りだし、片足は着地と連動した足の動きに合わせた体構造を加味した、作りです。アシックスの方が、『こうなのよ。』靴を両手に持って、歩く時の足の動きを見せてくれました。『へぇ、なるほど』って、答えましたが、実は良く分かりませんでした。まぁ、早い話が、楽に早く歩けると理解しました。

女性用は、かわいいふんわりした色。ゲルムージー

男性用は、ちょっと細かい模様が入っています。 ゲルムージー

足のつま先からは、蒸れないように風が抜ける仕組みになっていて、長時間のウォーキングも問題ありません。見た目はゴッツイのですが、持ってみると重さは想像以上に軽いと感じました。

スポンサードリンク