自宅で食べれるすきやの牛丼のタレがあるよ

広告

馴染んだ味は捨てがたいよね

牛丼と言えば吉野家。いえいえ、実は、すきやの牛丼のファンは、通が多いのです。ありそうでないのが、すき屋の牛丼の具ですが、見つけました。しかも、安くてかなりお得です。

レトルト感覚で牛丼を食べれる

10パックが2,780円で送料無料ならば、1個が278円で食べれてしまいます。しかも、自宅で食べれるのが便利です。さらに、今だけ、2セットまとめて購入すると、牛丼のたれとピッタリ合う、コチジャンが貰えるそうですよ。

食べ方は、通常のレトルトと同じ。電子レンジで温めるか、お湯の中につけておけば出来上がりです。ただ、インスタント牛丼をそのまま食べるのではなく、肉じゃがなどの煮ものの具剤としても利用できます。

スポンサードリンク

牛丼のタレは、甘いので子供は好きですし、休日のお昼に作るのがメンドーな時は、やっぱりレトルトですよね。

牛肉はオージービーフです

気になる牛肉はオーストラリア産。BSEだの、セシウムだのといった心配はとりあえずなさそうですね。

それほど、パサパサ感がなく、国産の味に似ているということからオージービーフは人気です。米国産牛肉にこだわる牛丼の素に対抗して、オーストラリア産の牛丼の基が、実は、吉野家とすき屋のファンの差に違いないと、内心考えています。

私は、欧州産がやっぱりいいですよね。下手な安物の国産牛よりも、美味しいですし・・・

保存期間は、冷凍庫に入れておけば1年は持ちますので、まとめて購入しても勿体なくはありません。

スポンサードリンク