置くだけで自動シュレッダー、オートフィードシュレッダー

広告

個人情報の漏えいは細心の注意を払いたいところ

テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で紹介されて気になっていた、自動シュレッダー。気になっていましたが、アイリスオオヤマで、放送されていた『オートフィードシュレッダー AFS-150C-H グレー』を見つけました。 仕事

個人情報の漏えいがニュースでも報道され、家庭でも自営の方でも、対応せざるを得ない状況になってきました。住所、名前の書かれたダイレクトメール、特に銀行や証券会社からものもは要注意です。自営でお店をやっている方も、万が一、情報漏洩の元が自分のところからなんて、お客さんに思われたらやっぱり嫌ですよね。

シュレッダーの面倒なところ

シュレッダーは、家やオフィスに置いてあるけど、紙を少しづつ何度も手ざしで入れていかなくてはならないのが、面倒ですし、結構時間が取られます。しかも、直ぐにダストボックスが一杯になって、ゴミ袋を取り出すだけで、シュレッダーの周りが紙だらけ。掃除するにも、絨毯の上などは、なかなか掃除機でも吸いとってくれないと、イライラしていました。

スポンサードリンク

オートフィードシュレッダーは、A4のコピー用紙で最大150枚を置くだけで、自動裁断してくれます。今まで、シュレッダーにつきっきりだったのが、別の作業ができるんです。オーなんと、効率的!

シュレッダーされたゴミが上の方に溜まると、『ゴミを捨ててください。』のサインが・・・慌ててダストボックスと開けてみると、山なりになっているだけなんてことありますよね。ダストボックスの山上になったゴミを、スイングアームで平らにしてくれるので、ダストボックスを開けて手で平らにする必要もありません。ダストボックスの容量は、300枚以上。

個人情報は、紙だけでなく、銀行のカード、クレジットカード、百貨店やお店のポイントカード、DVD、CDと、様々なものに入っています。この『オートフィードシュレッダー AFS-150C-H グレー』なら、CD・DVD・カードのシュレッダーも大丈夫です。

細断サイズは、4×10mmと小さく、ダストボックスにたっぷりたまるので、ゴミ捨て回数が軽減できる仕様になっています。

また、中規模のシュレッダーは連続使用時間が苦手。一定の時間が経過したら電源を切り、その後機器の各部が常温に戻るまでの時間経過が必要なのです。連続時の低格時間は15分と、一気にオフィスや家庭の書類を整理しようと思い立っても、ほぼ期待に答えてくれそうです。

スポンサードリンク