酒好きのお父さんに、しじみエキスで体をいたわって貰う

広告

『飲み過ぎよ』を言わないで、シジミエキスを飲んでもらうのは?

親しい同僚と喧嘩をしてやけ酒、上司に褒められて祝い酒、夕食代わりに居酒屋でお酒、眠れないからお酒、親睦会にお酒、接待に、婚活パーティに、、、とお酒を飲む理由は沢山あります。

酒好きのお父さんは、毎晩晩酌をしなければ、就寝できないと言う方もいるはずです。複雑な人間関係、ストレスに負けないで働くお父さんにとっては、唯一の気分転換って思えばこそですが、やはり体はいたわって欲しいものです。 味噌汁の椀をもっている

いまさら言うのもなんですが、お酒は正しい飲み方で飲むもの

学生時代、教授にお酒を飲む場で、お酒の飲み方の話を聞かされました。相当昔のことなので、あまりよく覚えていませんが、最初にお腹に溜まるものを食べてから、飲むようにと事細かく指示されたものです。

お酒は百薬の長と言われるように健康に良い影響を与えるものですが、それは正しい飲み方をした場合のみです。人生の先輩が若い人とお酒を飲む時に、くどくどと飲み方を説明するのは大切ねって、当時を思い返します。

ただ、年をとるとそんな飲み方なんて、どこ吹く風のはずです。一家の主たるもの、”飲み過ぎだから制限して”と言ったところで、そうそう素直に言うことを聞いていくれないでしょ? 自然食研しじみ習慣

しじみは、お酒を飲んだ体を守る働きがある

味噌汁にシジミを入れることが無くなりました。現在は、スーパーであまり姿を見ませんね。しじみは、お酒を飲んだ体を守ってくれる働きがあるそうです。

人間の体は大きな化学工場のようになっていて、体内に入り込んだお酒は、腸や肝臓などの臓器で、様々な成分を使って加工されます。最終的に、体にとって大切な栄養素、害を及ぼす成分、害はないけど排出すべき物質などと、分類されていくのです。

スポンサードリンク

体の営みは、バランスの良い栄養の元で行われています。肝臓の働きを良くすると言われている、シジミはタウリンやオルニチンだけでなく、体の調子を整える成分も沢山入っています。

肝臓に良い成分だけでなく、しじみを丸ごと食べたい

肝臓に良いのは、ご存知のとおり、タウリンとか、オルニチンです。でも、こうした個々の成分だけを補うのではなく、しじみ汁そのものを毎日の食卓にのせたいって思いませんか?食事をするのと同じ感覚で、急に体に変化が表れるわけではないけど、お酒好きのお父さんの健康を影で支えてくれるような、しじみのお味噌汁の方が安心です。

『自然食研のしじみ習慣』は、そんな思いから作られた、シジミエキスです。しじみの栄養成分をまるごとエキスにして、カプセルに詰めたものとなっています。

実は購入して飲んでみました。

届いたところです。 自然食研しじみ習慣

シートにカプセルが埋め込まれているタイプです。 自然食研しじみ習慣

かなり大きな粒で、飲みにくかったのですが、シジミエキスを飲んでいるということが気分を安心させます。 自然食研しじみ習慣

食品なので、ずっと飲み続けなくてはその効果を実感することがないのでしょうが、保険をかけるつもりで飲み続けるには、安心な食品です。じしみの産地の水質にこだわっているのも、気に入りました。

酒好きのお父さんに、がみがみ『飲み過ぎよぉ~』と言わなくても、済みそうなのが良さそうですよ。

スポンサードリンク