『もしかして玉の肌?』と思える瞬間は、湯上り素肌の数分だけ

広告

湯上りの素肌を持続させる秘訣は、たっぷりの保湿成分

まぁ、『玉の肌!』って、まんざらでもないと気分になる瞬間ってどんな時ですか?私は、湯上りのわずか数分間だけです。

たっぷりと水分を吸収して、バスタブの細かい蒸気がちょっとした、ミスト美顔器のように働いてくれた時です。 バスタイム

保湿力のない肌は、直ぐに乾く

でも、それはバブル・玉の肌です。そう、あのバブル経済のバブルです。

一時的に、貯め込んだ水分は、留まるところがないために直ぐに蒸発して、元の凸凹顔に戻ってしまいます。なんと・・・
水分が蒸発しないように、クリームを塗ったとしても、キメの粗いのは目立ちます。

肌のキメは、角質細胞が隙間なく敷きつめられている状態で、水分だけ補ったところで、やっぱり一時的なバブルでしかないわけです。

水分を貯め込める保湿成分を、詰め込めばキメも揃うはず

リバテープ製薬が『咲水スキンケアジェル』を発売しましたが、ジェルの中には、水分を貯め込める成分が一杯。コラーゲン、ヒアルロン酸、4種類のセラミドが配合されています。 咲水スキンケアジェル

水分を貯めておける保湿成分をあらん限り、詰め込んで、詰め込めるだけ詰め込んで、スカスカになった凸凹肌に、しっかり詰め込めばなんとかなるのでしょうか?

咲水スキンケアジェルの保水成分には、見慣れない『スイゼンジノリ多糖体』という藻も含まれています。なんとこの藻の保水力は凄い!1gで約6000gもの水を吸収する性質を持っています。ヒアルロン酸が、1gで1200gの水を吸収するということですので、約5倍の吸水力を持っていることになります。

綺麗な水で作られるスイゼンジノリだから、透明肌もひとしお

スイゼンジノリは、綺麗な水でしか生息できません。さらに、咲水スキンケアジェルで扱っている水は、阿蘇の天然水で、自然のミネラルが沢山入り込んだ綺麗な水です。 咲水スキンケアジェル

スポンサードリンク

透明肌を作りたい女性にとって、化粧品の中に入っている原料が綺麗であればあるほど、心が浮き立ちます。そんな成分ことを知ったら、『水分をたっぷり含んだふっくら肌になれるような気がして』、つい、咲水スキンケアジェルを購入してしまいました。 咲水スキンケアジェル

咲水ジェルを購入してみました

咲水ジェルは、オールインワンジェルです。

オールインワンジェルでも、洗顔の後に化粧水を入れないと、どうも気分がしっくりいかない私の場合、ブースター化粧水を使うのがいつものことです。

今回は、全く他のものを一切混じらせないで、こだわりの綺麗な水でつくられたジェルを、洗顔後直ぐに使いたくて、そのまま肌に塗りました。

手のひらでジェルつけるとヒンヤリします。手の平でを押しつぶしながら、馴染ませていくと、パァーンと弾けて水分が、シゥッーと入り込んでいくのが分かります。少しネバネバ成分があるのか、手を持ちあげるベタベタとしますが、直ぐにサラサラ感が訪れます。

この、つけた瞬間のヒンヤリ、パーン、シゥッー、ベタベタ、サラサラの感覚が、面白くって癖になりそうで、最初は何度もつけてしまいました。特に、ヒンヤリ、パーン、シゥッーのところが、気持ちがいい、すっかり気に入りました。 咲水スキンケアジェル

つけ続けると、ハリを感じますし、朝の肌のコンディションがいいのです。インナードライ気味なのか、朝はべたつきが気になっていたのですが、咲水を使いはじめると、さらっとした状態で目覚めることができます。まだ、見た目は凸凹ですが、気分は、湯上り素肌のような水分をたっぷり含んだ肌を楽しめるジェルです。

ほら、こんなにすいぶんたっぷり。 咲水スキンケアジェル

スポンサードリンク