カシミヤの定番のコートをリーズナブルにゲット

広告

卸問屋ならではの上質で低価格

カシミヤコート持っていても、お店に行くと思わず触ってしまいます。定番のものは何枚あっても邪魔になりませんし、流行を追わないので、いつまでも着れます。

柔らかい毛でしっくりと手に馴染むようなカシミヤに触ってしまうと、思わずプライスを見てしまいます。『やっぱり高い』とここで売り場を離れるわけです。 カシミヤコート

毛皮の卸店で見つけた、みっけもん

同じカシミヤでも手触りや重さ、着心地が随分と違うのですね。山羊の育った環境によっても異なるし、体のどの部分の糸なのかとか、布の織り方なんかでも異なってきます。分厚くて目が詰まったカシミヤは、丈夫でシワになりにくく暖かいです。

ふと、毛皮の卸しのお店三京商会を覗いてみると、シンプルで定番のカシミヤコートが22%でプライスダウンになっているのを見つけました。

しかも、送料無料なので、街の小売店で購入したのと同じ感覚で変えます。実際、こちらのお店なら、定価で購入しても損はないのに、あり得ない定番のカシミヤコートがお安くなっていると言うことで、安心して紹介できます。

スポンサードリンク
着まわしができる黒で、シングルボタンのものが便利

首元までボタンがありますので、風の強い日でも冷たい外気を受けずに済みます。取り外しが可能なフォックスファーも、見るからにあったかそうです。裾が広がっているので、大人のムードの女性が似合いそうって。シングル隠しボタンに、目立たないスリットのポケットで、スッキリとしたデザインになっています。

着た時のシルエットが綺麗で、色が黒地もあることから、冠婚葬祭の時でもいけそうです。不幸な時にダブルボタンは、不幸が二度重なるとして忌み嫌うものがあり、少し大きめのシングルボタンとベルトがアクセントのコートはピッタリです。(色は、ブラック、キャメル、ダークグレイ、ダークブラウンの4色です。)

沈みがちな気分の時に、きっちりとした装いは気持ちを引き締め、心の支えとなります。

肌触りの良いキュプラの裏地も、式場や火葬場を往復したりして脱いだり着たりのが多い催事には便利ですね。キュプラ100%なので見た目の光沢も違いますから、裏地を見せて置いておくとおしゃれな感じです。

三京商会は、創業50年の大阪に実店舗を持つ卸し業者です。良質の品を置いていると言うことから、ネットでも、高価な毛皮やバックが人気があります。わたし的には、お店の人の目を信頼しているからだと、考えています。

スポンサードリンク