家ダニの代表チリダニ退治を行い、ハウスダストアレルギーを予防

広告

ダニをおびきよせて捕獲すれば、死骸は残らない

家の中に舞い上がる埃、中にはダニのふんや死骸もあります。そのまま、放置しておくと、気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの原因になります。 ダニ取りロボ

有効なダニ退治が無かった

アレルギーを引き起こす物質を、遠ざけることがハウスダストアレルギーの予防です。ただ、家ダニの呼ばれる、チリダニ、ケナガコナダニなどは、室内の掃除機を念入りにしただけでは駆除はできません。

チリダニ、ケナガコナダニが生息する、マットレスや布団などを天日に干したり、布団乾燥機を使ったところで、死骸や糞がマットレスなどに残り、またそれがアレルギーの原因となるのです。その後、掃除機などで、吸引を行っても、専用の物でないと完全除去は難しいと聞いたことがあります。

スポンサードリンク

しかも、ダニの繁殖率は予想以上に早いことから、計り知れないダニのフンや死骸を、布団などに溜め込んでいます。常にダニのない寝具を使い続けることは、無理なのです。

家に多いチリダニにターゲットを絞ったダニ退治マット

家ダニの80~90%を占めているのは、チリダニです。チリダニの好む誘引剤により、チリダニをおびき寄せて、捕獲するのが上記のマットとなっています。

化学性殺虫剤を使用していないので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心です。誘引剤中に微粉化された吸湿性セラミックが、ダニの口や気門、体に付着することで、乾燥させてしまう仕組みとなっています。

マットの中で死骸となったダニは、閉じ込められたままで、再び空気中に舞うことが内容になっています。

使い方は、ケースに誘引剤を入れて、マットレスやカーペットなどの家ダニが気になるところに置くだけです。使用期間は、3ヵ月となります。種類は、ケースが硬い素材のハードロボタイプと、柔らかい素材のソフトロボタイプの2つ。それぞれ、3個づつついて、6個のセットとなります。

スポンサードリンク