頭皮をマッサージオイルで頭皮のコリをとれば、元気な髪になる

広告

髪を健康にする土壌、頭皮に栄養を与えるオイルとは

眼精疲労や緊張感が続くと肩こりや頭痛に悩まされますが、意外に気づかれないのが頭皮のコリです。頭皮がコルと血行が悪くなり、ハリやコシのある綺麗な髪が育たてるための栄養が運ばれなくなります。 ロングヘアの女性の後ろ姿

頭皮マッサージの方法はYouTubeを使えば目的別にわかる

リンパや血流が悪いに頭皮は、綺麗な髪にならないだけではなく、抜け毛の原因にもなるのです。

頭皮マッサージは、サロンや美容院にまかせっきりにせずに、自分でも週1回位は定期的に行いたいものです。方法は、YouTubeなどでサロン主催のものを選べば分かります。

例えば、『youtube 抜け毛 頭皮マッサージ』とか、『youtube 髪ハリ 頭皮マッサージ』といったキーワードを検索窓に入れてみることです。

頭皮マッサージをより効果的にするのが植物性オイル

マッサージの時に何もつけないで行うと、指と頭皮との摩擦で負担がかかってしまいます。カチン、コチンになった頭皮を揉みほぐそうとするなら、かなり指には力が入るわけで、頭皮へのダメージも相当ですよ。地肌近くの髪も巻き添えをくって、痛めているはずです。

液体のマッサージオイルは、髪の毛があっても頭皮に届けることができるし、オイルの独特のぬるつきで頭皮を覆って、指の摩擦も気にする必要がありません。

この時に使うマッサージオイルをちょっとこだわってみませんか?なりたい髪に近づくためのオイルの種類を選べば、効果はもっと高くなります。

ハホニコの天然植物性オイル

ハホニコの天然植物性オイルを見ていて、いいなぁと思ったのは、『カラム吸着精製』を使って酸化に気を配っていることです。植物性って優しいイメージがあるけど、同時に配合されている成分の中には、酸化を引き起こしたりアレルギーの心配のあるものも多いのです。

アボカドオイル、ホボバオイルは、美肌にも良いとされて化粧品にも沢山含まれていますが、不安定物質や不純物が十分に取り除かれていることが大切です。カラム吸着精製により極限まで精製することで、オイルのにおいを感じにくくさせ、皮膚の刺激も小さくすることができるのです。

そんなハホニコのオイルが3種類ありますので、頭皮に良いとされている働きをまとめてみます。 頭皮キャリアオイル

スポンサードリンク
アボカドオイル

アボガドの実を圧搾して作られたオイルで、製肌作用があります。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどのビタミン類や、タンパク質とミネラルも含まれていると言われていて、栄養たっぷり頭皮に与えることができます。また、ホホバオイルの高い保湿効果が頭皮を包み込んで、抜け毛予防になると言われています。

頭皮のみならず髪につけると、傷んだ部分を修復する働きもあるのです。 頭皮マッサージオイル アボカドオイル

メドゥフォームオイル

牧草地に生息するメドウにつける花が、春になると一面に乳白色になるということから、メドゥフォームと呼ばれるようになったそうです。

ホホバオイル同様肌をおおい外気から守る働きがありますが、500℃の耐熱性があるのが特徴です。髪に馴染ませておくことで、ドライヤーの熱を和らげ髪に負担を与えません。

粘性があり表面張力が強く、肌や髪には浸透しないで、表面を覆いながら広がっていきます。頭皮マッサージに適している素材となります。

また、頭皮の溜まった汚れや老廃物を取り除いて清潔に保つことができますし、使用後はサラサラでなめらかな感触がのこります。 頭皮マッサージオイルメドゥフォームオイル

ジョジョバオイル

ホホバの種子から採取された、よく言うホホバオイルのことです。

ホホバオイルは、人間の肌と同じ成分からできているために、他のオイルと比較しても浸透力があります。抵抗力の無くなった肌を優しくいたわり、外部の刺激から守ります。

医療の現場では、医師や看護婦が消毒液で荒れがちな肌を保護するために、ホボバオイルを使っているそうですよ。

メドゥフォームオイルと同様に、頭皮に溜まった皮脂や汚れを取り除き、ダメージヘアー、抜け毛を防ぎます。清潔になった頭皮に、ホホバオイルの栄養が浸透し、コシ、ツヤのある髪を育てる土壌を築きます。 頭皮マッサージオイルジョジョバオイル

スポンサードリンク