ワンダーコアスマートの1月半使用報告は、ウエストを5センチ減少

広告

体重にこだわるダイエットは、もう止めた!!

昨年の12月10日より、ワンダーコアスマートを使い始めて、ほぼ毎日トレーニングを続けてきました。ジムのように長時間負荷をかけて、たっぷり汗を流すわけではなく、毎朝ラジオ体操気分でゆるいトレーニングです。

普段着のままで行えること、器具が他のダイエットマシーンより小さいために、部屋の隅に置いて、直ぐに取り出すことが可能であったことが、継続できた理由です。負荷もキツイと感じない程度に調節して、続けることだけを重視してきました。

以前、ジムで聞いたことがあるのですが、筋トレの際に重い負荷をかけて、一度に筋肉にダメージを与えるより、小さな負荷で継続した方がよいそうです。小さな負荷をかけて、作った筋肉の方が、落ちにくいそうです。但し、男性のように大きくて割れる腹筋を目指す場合は、大きな負荷も有りということのようですよ。 ワンダーコアスマート

ワンダーコア実施後のサイズの変動

トレーニングをはじめた時に書いたワンダーコアスマートでできる筋トレを、満遍なく20回づつ続けた結果、サイズの変動を記述します。

  • バスト トップ -2センチ アンダー -4センチ
  • ウエスト -5センチ
  • ヒップ -2センチ
  • 二の腕 -1センチ
  • 脚太もも -1センチふくらはぎ -2センチ
  • 体重 -1Kg

ゆるーいトレーニングだったために、TVのCMのように目が点になるような変動はありませんでしたが、ウエストのマイナス5センチは大きいと感じます。しかも今回は、年末時期からお正月と、最も太りやすい時期であったのにも関わらず、僅かですが体重が減らせたことは、我ながらびっくりの現象でした。

今年は、お正月の体重のランクアップはありませんでした。

お正月に太らなかった理由を検証

年末は、ほとんど運動することなく過ごし、お正月は寝正月であったのにも関わらず、この結果は大きいですよね。

体重減のおおきな要因は、筋肉がついて脂肪燃焼させたと言うより、腹筋で腸の働きが良くなったことが大きな原因のようです。

毎月、相談にのって貰っている漢方の先生に、『ワンダーコアを使ってから、腸の中が空になったよう』としゃべった後、自分の品のなさに落ち込みました。でも、懲りずにやっぱり、ここにも記述します。その際、漢方の先生が、『自分自身の力で押し出すことが、出来るようになったのですね』と、言っていました。

痩せたいだけだったのに、健康もゲットできて得した気分です。腹筋が付くと、便秘解消になると言われていますが、コレ本当だとしみじみ。

で、各々のトレーニングについて、1ヶ月半続けた私が感じたことをコメントしてみます。

ワンダーコアスマートのトレーニングについて

ワンダーコアシリーズは、楽に腹筋が行える腹筋マシーンですが、他の筋肉も鍛えられるようなっています。私が使用したのは、初期のバーションであるワンダーコア スマートで、8種類の運動が可能。バーションアップされるほど、機能や運動数が増えていきます。

スポンサードリンク

私個人の考えでは、用意されている8種類の運動だけでも、毎日やり続けるのは、以外に大変でした。毎日、筋トレなどの習慣がない人は、最初っから多機能マシーンを購入しない方が良いかもしれません。単純な物ほど、とっつきやすいからです。

上記のサイズの数値から明らかですが、腕や太ももは、ウエストほど効果がありませんでした。ワンダーコアの負荷の部分は、全くいじらずに行ってきましたが、効果無しの運動に関しては、負荷を上げて行おうと決めました。

まぁもともと、どこもかしこもデブなので、効果有りの場所があっただけで嬉しいのですが、折角のエクササイズマシーンは、やっぱり有効に使ってこそとなりますからね。

クランチ(腹筋)

最初は、バーのバネが身体を起こすのが楽しくで、剛力彩芽のCMを口ずさんだりして行っていました。慣れてゆっくり行うことで、腹筋に力が入ります。利いてるって実感できるようになりました。

ブリッジ

仰向けになり、身体でブリッジをつくり、腰でバーを上下させる運動です。ゴメンナサイ、1月半経っても出来ませんでした。ブリッジの体型ができないのです。

なんとか、出来ないなりにやってみましたが、どこの筋肉が鍛えられているのか未だに不明かな?

シザーキック(太ももの引き締め)

仰向けになって、交互の足のふくらはぎでバーを押す運動です。上半身を45度ぐらいに寝かせていますので、下腹に利いている感じがしました。

でも、本当は太ももをシェイプアップするための運動のようです。下腹は若干へっこみましたが、太ももは細くならなかったですね。

次回から、シザーキックを行う際は、負荷をあげるなどの工夫をしてみます。

プッシュアップ(腕立て伏せ)

ワンダーコアで一番嬉しかったのは、腕立て伏せを、補助してくれるこの機能です。私、腕立て伏せができませんでした。

使い続けている内に、ワンダーコアなしでも出来るようになれればと、ワクワク。

アブタック(ツイスト機能)

上位のワンダーコア ツイストには、椅子が回転してお腹をねじる運動ができます。 スマートでは、椅子に座ってひねりながら、足でバーを押し下げる方法です。お尻と椅子の摩擦が、ちょっと気になって、ツイストが欲しくなりました。

慣れてくると、思いっきりひねることが出来るようになり、脇腹に利きました。

ファームアーム&バイセップ(腕の筋トレ)

交互に腕でバーを押し下げる運動で、二の腕に利くはずでしたが、あまり変化がありませんでした。負荷を上げて、これからは再挑戦します。

トライセップ(腕の筋トレ)

後ろにあるバーを両手で押し下げる運動で、やはり二の腕に利くはずでしたが、こちらもあまり変化がありませんでした。負荷を上げて、再挑戦課題です。

バイシクル(股の筋トレ)

椅子に座って、交互にバーを押し下げる運動ですが、太ももは-1センチの変動しかありませんでした。腕と同じ、少し負荷を上げて、再挑戦してみます。

色々書いちゃったけど、結構いいよ。 ⇒ ワンダーコア スマート
スポンサードリンク