スポンサードリンク

胃にやさしい野菜を食べるなら野菜スープがいいね!

野菜の栄養を丸ごと!コスパも最高!

安部首相が『一億総活躍社会』を唱えてから、老若男女を問わず経済活動に駆り出される時代になりました。平和な日本に感謝しながら、自分の体に鞭を打ち働かねばなりません。多くの方は通勤のため満員電車に乗り、秒単位で時間に追われ、人間関係に気を使い、仕事のノルマをこなすためボロボロになっています。

時には胃だってキリキリ痛むし、食欲不振もある、それに常に快眠であるとは限りません。

テレビの健康番組は増えたものの、健康ばかりに気を使ってはいられません。それでも頭から離れないのは、『野菜は健康にいい!』って言葉。誰にも聞いたことがないけど、皆思いは一緒、次の通り。『厚生労働省が唱える野菜摂取量 350gを、食べれる生活を送りたい!できればストレスで弱り切った胃に、やさしい野菜がいいわ!』

野菜スープが胃にやさしい理由

野菜スープが胃にやさしい理由は、加熱して柔らかいし消化も良い、カサが減り少ない量で多くの栄養素を取り込めます。さらに、胃に負担がかかる塩を減らせる、殺菌効果でウィルスの除去があげられます。

詳しくは次章へ。ポトフ

消化が良い

いうまでもなく火を通した野菜は、あくが抜け、柔らかくなり、消化も良くなります。食物繊維が豊富とされている野菜は、長時間加熱しなければ固くて食べられません。

野菜は動物にはない細胞壁をもっていて、細胞壁は野菜の栄養素であるビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂質を包み込んでいます。人間の消化酵素では、野菜の細胞壁にあるセルロースを分解できません。細胞壁は調理の過程で、細かく粉砕させたり、冷凍させたり、熱を加えたりして壊しているのです。野菜ジュースやスムージーのメリットによく、「野菜の栄養を丸ごと摂れる」と聞きますが、細胞壁の分解のことを指しているのです。

野菜を加熱すると、水溶性ビタミンのビタミンCやビタミンB群や、水溶性食物繊維などは、煮汁の中に溶け出てしまいます。加熱後に煮汁を捨ててしまうと、大切な栄養素を失ってしまいます。これは加熱野菜の欠点の一つです。スープのように煮汁を飲み干してしまえば、こうした損失はありません。

また昨今話題のトマトのリコピンやカロテノイドなどの色成分に関しても、生野菜では吸収されにくいと発表されています(日本調理科学会誌)。加熱調理を行うことで、リコピンだと生の3.8倍、βカロチンは1.5倍の吸収率は上がるといわれています。ミニトマトがざるにのっている

少量で豊富な栄養を摂取

野菜の種類にもよりますが、加熱することでカサが減り多くの野菜を摂取できます。先に挙げた350gの野菜をとるために、生サラダだけではとても及びません。しかも加熱すれば生野菜に比べて、鉄分やカリウムなどのミネラルや、野菜の色成分が摂取されやすくなるのです。

スポンサードリンク

加熱野菜の大きなデメリットに、野菜の酵素の摂取ができないことがあげられます。酵素は熱に弱いので、加熱処理で壊れてしまうからです。しかし、生野菜の酵素は、人の体内の消化器の中で、消化液によって分解されてしまいます。酵素は活用されておらず、生野菜でも加熱野菜でも酵素が壊れることには変わりはないのです。

重複しますが野菜スープなら、少量だから胃に負担をかけず、野菜の栄養素を丸ごと摂取できます。

塩分控えめになる可能性

加熱野菜の旨味は、良い調味料代わりになります。複数の野菜を組み合わせることで、味わいが深く旨味も増していきます。好みによって肉や魚を加えれば、調味料をもっと減らせるはずです。旨味や香りの強い食材は、塩分が少なくても物足りなさを感じさせません。旨味から満腹感や、満足感が得られやすいそうです。

生野菜で使っていたドレッシングやマヨネーズの量と、野菜スープで使う調味料と比較しても、塩分も控えめになると想像できます。加熱することで多くの野菜を摂取でき、さらに減塩効果も得られます。

ちなみに胃にやさしくない食べ物のトップは、油・肉・辛・甘・塩・酒です。ことに塩と野菜不足は、胃がんの原因の一つとされているようですよ。

ウィルスの不安なし

野菜の食中毒なんてあまり聞きませんが、最近徐々に増えています。サラダや減塩した手軽な漬物などが、該当しているようです。

野菜になくても、ウィルスが他の魚や肉や調理器具から移る可能性もあり、加熱で殺菌消毒を行えます。加熱野菜は衛生面でも、優秀であると言えるでしょう。

手軽に野菜スープを食べる方法

自宅でコトコト煮込む野菜スープ作りは、炒め物や焼き物のように細かい時間を気にする必要がありません。時々野菜の固さをチェックすれば、大きな失敗もないでしょう。上手いかどうかは別として。

難点は野菜を洗ったり切ったり煮込んだりで時間がかかるので、特に、昨今の忙しい方達は尻込みしています。ひとつ、ストック用の野菜スープをおいておくと便利です。野菜スープは胃にやさしいですし、食欲不振でも喉ごしをスムーズに通り胃へ流し込めます。会社から帰宅後、レンジで温かくして飲めば、良い眠りを誘ってくれます。

モンマルシェの『野菜をMotto!!』は、即席野菜スープとは思えないほどおいしいのです。(注文してみました。)それもそのはず、赤坂アークヒルズクラブ元総料理長 上原雄三さんが、監修しているそうです。

興味があれば、野菜をMotto!!国産厳選野菜スープ
のページを覗いてみてください。

スポンサードリンク