敬老の日のアレンジメントと老舗のお菓子セットで

広告

心が華やぐ、ワクワク感を是非届けて欲しい

敬老の日に贈って喜ばれた贈りもののランキングが、価格.comのサイトで書かれていました。おじいちゃんやおばあちゃんに贈って喜ばれる、贈りものの上位は、お花、和菓子、洋菓子となります。

贈りものを貰うときめきプレゼントしたい

贈る方は、お孫さんでしょうか?年代の格差が大きすぎて、趣味や趣向が問われる品物は、嫌煙されてしまいます。お年寄りは頑固ですので、持ち物も衣類もこだわりが強かったりします。

贈った時に心がときめいたり、心が華やぐことができれば、その贈り物は大成功。花や、お菓子は、無条件で人を笑顔にしてくれます。

特に、会社や子育てなどの第一線を退いたおじいちゃんや、おばあちゃんにとって、お花を貰う機会も少ないですからね。超特別なハレの日となり、気分が高揚するはずです。今時の言葉で言うなら、ワクワク感でしょうか? アレンジメントと老舗のお菓子

日比谷花壇でおススメのお花とお菓子のセット

日比谷花壇による『敬老の日特集』に参加してきました。お花が赤黄ピンク緑と色が、艶やかで、クリスマスに負けていません。ただ、オーナメントはないけど、無条件にハッピーな気分になれる花の組み合わせです。

そこに、昔から馴染みの老舗のお菓子が、添えられています。しばらくは、お茶の時間も楽しい時間となるに違いありません。

日比谷花壇から、お花とお菓子のセットを3種類紹介します。花の組み合わせ以外にも、花器まで、パーティーにでるお嬢様のような華やかな装いをしています。それでいて、高貴な色である紫が入り、品良く仕上がっているのです。日比谷花壇さんならではのセンスです。

  • 選べるスイーツ+お花
  • 絶品スイーツセット(とらや羊羹)
  • 絶品スイーツセット(文明堂「特撰五三カステラ」)
  • お月見セット「因幡の白うさぎのセット」
選べるスイーツ+お花

お花はアレンジメント(下記写真)とリンドウ鉢より一つ。 アレンジメントと老舗のお菓子

アレンジメント

品格のある紫のラッピングペーパーで包まれた花器に、キュッと結ばれた真っ赤なリボンは勲章のようです。健康で長生きしてきた勲章です。

ピンク、黄色、オレンジの花束の中に、青紫のリンドウがところどころに、顔を出しています。青紫のこうした配色は、珍しいそうです。『人生楽しいことばかりじゃないのよ』って、釘をさしているようにも見えますね。 アレンジメントと老舗のお菓子

リンドウ鉢

リンドウ鉢は、貰った後育てる楽しみもあります。

野山に自生するリンドウのけなげな姿は、元気づけられます。花言葉は、正義感、誠実、愛情となり、人生で欠かせない事ばかりです。

きっと、贈られるおじいちゃんやおばあちゃんだって、大切にしてきたであろう、『正義感、誠実、愛情』を心をこめて贈ります。

お菓子

お菓子は、『ヨックモックの焼き菓子』、『銀座千疋屋 ゼリー』、『萩の月』の中から一つ選びます。お花と組み合わせ自由で、選んで贈ることが可能です。

私が、御年輩の方にお菓子を差し上げる時、気をつけていることは、癖のないものである事。歯に負担がかかる硬いものは避け、小さく個別包装をしてあるものである事。言うまでも無く、上記はいずれも大丈夫でした。

ヨックモックの『チョコレートサンドクッキー』ひとつづつ個別包装されていて、口寂し時、少しづつ食べることができます。サクサクっとした歯触りと、ミルクチョコの風味が格別です。 アレンジメントと老舗のお菓子

銀座千疋屋「銀座ゼリー3個セット」フルーツのお菓子と言えば、銀座千疋屋がまず真っ先に頭に浮かびます。パウチを開けるだけでフルーツが食べれる、しかも鮮度の高く風味も高かったら、幸せな気分になれます。 アレンジメントと老舗のお菓子

スポンサードリンク

菓匠 三全「萩の月」仙台のお土産に、頂いたことがある萩の月。箱を開けると、ひとつづつ小箱に入れられているのも、『萩の月』ならではの特徴です。柔らかいカステラを一口ほおばったら、トロリと癖になりそうなカスタードクリームは、何回食べてもこたえられません。 アレンジメントと老舗のお菓子

絶品スイーツセット(とらや羊羹)

風車のようなモカラの朱色と、ヒペリカムの赤色が秋の景色を思わせます。秋の紅葉と、木の実が色ずく秋と重なるからです。

花器も、茶色で秋っぽいですね。

ふたつのオレンジ色のひときわ大きなカーネーションは、全身で長寿を祝っている印象を受けます。 アレンジメントと老舗のお菓子

熱い夏も過ぎ、食欲も戻ったこの時期は、こってりと甘い羊羹を食べるのに良い季節です。贈られる羊羹の包装紙は菊模様。 アレンジメントと老舗のお菓子

蓋を開けてみると、縁起の良いツルとカメの箱が、並んでいます。カメの色と、アレンジメントの色がコーディネイトされていて、他の組み合わせがない理由が分かって気がします。 アレンジメントと老舗のお菓子

1回食べきりサイズの羊羹は、少食のお年寄りには何よりうれしいはず。日持ちは1年間持ちます。

絶品スイーツセット(文明堂「特撰五三カステラ」)

私の知っているお年寄りはほとんど、文明堂のカステラが大好きです。絶対裏切らない味、何度食べても飽きないコク、甘さ、喉を通りこす時の香りが頭にこびりついて離れません。

文明堂「特撰五三カステラ」とセットに出来る花は、リンドウ鉢と、アレンジメントとなります。カステラの黄金色に合わせて、花器も黄金が入っています。

秋を若返らせるとこんな秋色になるのかな?と思えるくらい、生き生きした秋色を表現しています。ピンクのモカラの中央には、満身の笑みをたたえた顔があるんじゃないかって思えるくらい、楽しそう。(写真は、用意できませんでした。)

お月見セット「因幡の白うさぎのセット」

敬老の日(9月21日)は、お月見(9月27日)のちょっと前にあります。秋の夜空に浮かぶ月は、輪郭がはっきりしていて綺麗です。

敬老の日のお花が、お月見に使えるなら一挙両得。ナスやススキ、白い団子に混じって、こんな艶やかなアレンジメントがあったら、お月見も楽しくなります。黄色のピンポンマムは、実にあでやかです。 アレンジメントと老舗のお菓子

セットのお菓子は、「因幡の白うさぎのセット」で、4年連続モンド・セレクション金賞を受賞しているそうです。卵の黄身のコクのある餡に、喉をつまらせながら、お茶を飲んですごす秋の夜長もいいですよねぇ~。 アレンジメントと老舗のお菓子

お茶と言えば、オプションですが、種子島でしか作れない煎茶が、日比谷花壇にはあります。和菓子にも洋菓子にも合うそうです。

今の人と違って、缶ジュースなんてなかった時代のおじいちゃんやおばあちゃんの時代です。この時代の方は、美味しいお茶に目がないはずですよ。

日比谷花壇ならではの画像付きカード

メッセージカードは、無料でもつけられますが、敬老の日でおススメしたいのは画像付きメッセージカードです。 メッセージカード

おじいちゃんとおばあちゃんにとって、孫の顔はどんな高価な贈り物以上のもの。孫の写真をカードに入れてメッセージを伝えるのは、良いアイディアでしょ?

この『画像付きメッセージカード』は、9月2日(水)までと期限が決まっていますので、もし興味があれば、メモしておいてください。

お花をご注文後、4日以内に日比谷花壇からメールが届きますので、メールの内容に従って写真を登録すれば、お花と画像付きのメッセージカードを届けることができます。 メッセージカード

スポンサードリンク