ためしてガッテンで知ったゼラチンのパワーで、節々の痛みを解消

広告

リーズナブルな節々サプリ

年齢とともにギシギシと痛む節々の痛み、歩くたびに膝が痛み、腰が痛み、『なんとかした~い』と悩みは深刻です。聞くところによると、グルコサミンやコンドロイチンが悩みを解決してくれると聞いていますが、何ともお高くて庶民にとってはどうもと、ちゅうちょしている人も多いはずです。 豚

ゼラチンとは

そんな折、今日の『ガッテン』を見てみたら、なんとゼラチンが効くとか。

ゼラチンは、コラーゲンを分解して作られたもので、胃や腸での吸収率がコラーゲンよりも高くなります。

コラーゲンと聞く女性の美容に使われて、ハリのあるぷるんとした肌が作られると言うイメージがあるので、どうしても心はそちらに傾きます。実は、ゼラチンのパワーは、なかなかのようです。

節々の痛み元は、軟骨の劣化。間接の曲げ伸ばしの際に、筋肉で支えきれなくなった軟骨は、こすれてすり減ってしまいます。

軟骨はコラーゲンでできていて、コラーゲンは軟骨を作りかえる時もたくさんの役割を持っています。古くなったコラーゲンを壊す指示や、新しくコラーゲンを作る指示も、実はコラーゲン自身の中に持っています。正確に言えば、コラーゲンを分解したペプチドに、その働きがあります。

コラーゲンをちょっと分解したゼラチン、さらにもっと、分解したらペプチドです。コラーゲンより、吸収率が高いゼラチンやペプチドを食べれば、節々のコラーゲンの作りかえを助けます。すり減った軟骨に働きかけて、節々の痛みを和らげます。

豚の骨の所についているゼリー状のもの、鶏ガラを煮込んだ後の透明な液体が、コラーゲンの正体です。食べ物の至る所に含まれていますが、イザ摂取するとなると場所が場所だけに、少量しか、取り込めません。

ゼラチンを摂取する方法

やはりサプリメントに頼るのが現実的です。ガッテンを見る限りは、粉末ゼラチンで賄えます。しかも、ゼラチンは料理に入れると味が引き立ちます。コクやまろやかさ、甘みなどが増えたように感じられます。

ゼラチンを入れておいしく料理を食べるコツは、たくさん入れすぎないことです。水の重量に対して濃度の1%の量のゼラチンを使うことだそうです。

  • ラーメンなら、大さじ1弱。
  • 汁もの・スープなら、小さじ1弱。
  • カレー・シチューなら、小さじ1。

毎食、料理にほんのちょっとずつ入れていくだけでいいんです。

ゼラチンは、牛を原料にしたものと、豚を原料にしたものと種類があります。料理に合わせて、牛由来の物はさっぱり味に仕上げたい時、豚由来の物はコッテリとした味に仕上げたい場合と使い分けるといいと、ガッテンで教わりました。 4812458770_557e635c2a_o

スポンサードリンク
老舗のゼラチンやさん

ゼラチンと言えば、老舗でずっと作り続けている新田ゼラチンが有名です。豚由来と、牛由来がそれぞれそろっていますので、いっしょにどうぞ。どちらも、か粒状のゼラチンですので、ふやかす手間無く、お料理にそのまま入れられますよ。

牛の骨と皮を アルカリ処理して得た粗コラーゲンを水に入れ、加熱後、抽出しをして作られます。 ↓

豚骨を原料としたゼラチンで、透明性に優れています。↓

スポンサードリンク