珍しいあじさいの鉢植えで、小さく華やかに楽しめる品種を調べた

広告

人気のあじさいの種類を知っていますか?

あじさいは、確かに花持ちが良くて長期間咲き続けますし、開花時期がうっとうしい梅雨なので、気分を晴らしてくれます。うちにも、昔ながらの紫陽花がありますが、梅雨のどんよりした庭を元気にさせてくれます。 地植えのあじさい

アジサイは、花瓶では楽しめない!

ただ、地植えなので、根が大きく張られて広がってしまいました。花の大きさは乳児の頭ほど大きく、切って花瓶に入れても重くてしだれてしまうほどです。

これでは、室内で楽しめません。鉢植えだったら、小さなテーブルの上や、フローリングの上に置けるのにと、花瓶の中で頭を下げ切ったアジサイを見ながら、毎年考えるのです。(懲りずに切り花にしています。)

要介護の母は、庭で咲いたアジサイを自慢したくて、ディケア(介護施設)に持っていきたいと言います。こんなに大きな花をもらっても、かなり迷惑なはずです。アジサイは、鉢植えで楽しむのが一番ですね。

贈りものの花の価格って、百貨店とそう大差はない

最近うちの近所で、テレビで紹介された花屋さんが開店しました。思わず足を止めてしまうような、かれんなあじさいの鉢植えが店頭に並べてあります。ディスプレイの方法も、おしゃれです。

店の主人に、『おいくらですか』と尋ねると、5千円を下りません。昔ながらの商店街で、5千円以上の鉢植えは高価で目立ちます。小さな花の鉢植えが、200円位から置いてあるのですからね。

ネットの花屋さんの紹介をしていて、こうした小売りの花屋さんや百貨店でも、立ち止まって価格を見るのですが、ほどんとネットもお店も変わりません。厳密に言えば、近所の小売りと比較すると近所の方が、百貨店と比較するとネットの方が、少しずつ安くなっていきます。

送料無料で送ってもらえる鉢植えなら、ネットの方がお得です。

ネットを使用すれば、わざわざ自分で持ち帰ったり、届ける手間がいりません。鉢植えは、想像以上にかさばり、同時にバッグも持っていたら、もう言うまでもありませんよね。ネットは楽でしょ。

人気のアジサイの種類を3つ紹介

あじさいの種類は、随分増えました。広い菜園を持っている方が、次々と新種や珍しい花を作りだし、想像もつかなかった淡い花の色や、バラのような八重咲きのあじさい、しゃく薬のようなふんわりとしたあじさいが続々と登場しました。

e87で母の日用に用意された、あじさいから人気のアジサイについて、紹介してみます。ちなみにe87の人気順に言いますと、1位がフェアリーアイ、2位がダンスパーティー、3位が未来~です。

KEIKO~希少な新品種!~

上記に書いたフェアリーアイを作った、育種家の坂本さんが制作したアジサイです。

坂本さんがつくるアジサイの名前には、他にも女性の名前が登場します。坂本さんのKEIKOさんのイメージは、このアジサイなのでしょうか?初恋のかたでしょうかね?。 KEIKO~希少な新品種!~

周囲が内側の色より濃いピンクで縁どりされていて、幾重にも重なる八重咲きなのが面白ところです。八重咲きであるために、アジサイ本来のまん丸い形が崩れて、花束のようにも見えます。 KEIKO希少な新品種

スポンサードリンク

咲きはじめは、全く別物の花です。縁どりと内側の色のコントラストがもっと強く、形もアジサイとは思えないスミレっぽい形をしています。

徐々に色と形が変わっていく様子を楽しめます。写真のとおりe87では、シックなバスケットに入れられて、届けられます。

ダンスパーティ

細長い花びらが星型を作り、チョウチョがダンスを踊っているように見えます。星は二重に重なっていて、上下で色の濃淡が異なるおしゃれなドレスを連想します。

光の当たり方によっても、ピンクの色味が変わって見えるようです。 ダンスパーティ

昔ながらのアジサイの印象をがらりと変えた、とにかく明るい表情に引き込まれそうな、アジサイの種類です。

フェアリーアイ

昨年もおととしも、母の日に贈る花でトップだったのは、こちらです。フェアリーアイは、群馬県あじさい研究家の育種家・坂本 正次氏が、品種改良を重ねて作りだしたものです。

フェアリーアイは、優れた新品種を表彰する『ジャパン・フラワー・セレクション』において、初代『フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)』を受賞しています。 フェアリーアイ

春にピンク色のガクアジサイを咲かせ、グリーン、秋には赤色の手まり咲きに変化していきます。開花時期が長く約半年間、ワクワクしながら暮らしていけます。

フェアリーアイ(妖精の瞳)という名前のとおりに、移り変わっていくあじさいの花が、鉢一杯にこぼれんばかりに咲き誇っていきます。

花の形も珍しく、バラの花のように何枚も重なって咲く八重咲きになっています。バラのような華麗さと、紫陽花の色を変えていく妖艶さの両方を持っています。

来年もアジサイを楽しむ方法

花が咲き終わったら、花茎を切って植え替えを行います。張り巡らされた根が鉢一杯になると、根詰まりを起こして次の年に、きれいなアジサイを見られなくなくなるからです。

花の下二節目の下で切り葉を2/3位を残し、一回り大きい鉢に植え替えます。色は土が中性だとピンク色に、酸性となると青色が強くなります。

水はけの良い土で、たっぷりと水を上げながら育てるのがポイントです。 アジサイの植え替え

通常の地植えのあじさいは、寒さにも暑さにも強く、庭に咲かせっぱなして、花が終わった後に剪定(せんてい)だけをしておくと、翌年ちゃんと花を咲かせます。しかし、フェアリーアイは、暑さや寒さに弱いので、庭に植えかえずに鉢植えのまま、寒い冬は室内で育てるのが良いかと思います。

スポンサードリンク