スポンサードリンク

AラインTシャツだから、お尻が隠れるのにボリュームは小さい

AラインのTシャツは、普段使いのTシャツに良い

AラインTシャツは、気になる腰回りやお尻が隠れるのに、チュニックほど横に広がりません。トップにボリュームがあると、どうしてもコーディネイトに悩みますが、ボリュームが小さければ、ボトムを考える必要がありません。夏は、汗で直ぐに洗濯しなくてはならないので、洗濯カゴは一杯。合う服が洗濯カゴの中だと、着る服が無くて、困ってしまうこともあります。

また、体型を気にする方は、腰回りの体のラインがでてしまうのを恐れて、ついつい大きめのサイズを買ってしまいがちです。肩の位置がずれているのを知りながら、それでも、お尻が隠れる方がいいと考えるのは、私だけではないはずです。

Aラインであれば、肩幅に合わせて買っても、腰やお腹周りが膨れて見えちゃうなんてことはありません。何にも考えずに、自分のサイズで選べるんですよ。 AラインTシャツ

普通のTシャツとのシルエットの違いが気にならない

お尻が隠れるけれども長すぎずに、普通のTシャツを着た時と同じようなシルエットを保てるTシャツを、ベルメゾンからご紹介します。

  • オーガニックコットンプリントロング丈Tシャツ
  • にこちゃんプリントTシャツ
オーガニックコットンプリントロング丈Tシャツ

オーガニックコットンでありながら、生地自体は薄手に作られていて、普通のコットンとの区別が分かりませんでした。ただ手触りは、しっとり感があり、着心地の良さが直ぐに想像できました。

デザインはシンプルでシックに作られているので、ミセスの方でも充分いけそうです。色も艶やかなパステルではなく、大人パステル色なので、年齢は気にすることもなさそうです。

オフホワイト(グラス)

水分補給が必要な真夏にピッタリの炭酸ジュース。見ているだけで、シュワシュワ感が伝わってきそうです。あっいけません!鼻に抜けるゲップの感覚も、思い出してしまいました。(笑) AラインTシャツ

オフホワイト(ボーダー)

今年のボーダー柄は、ひとひねりしたものが多く、ボーダーの太さが違っていたり1本の線の中でも色が変わっていたりしています。デザイン性が高いものが多く、『ボーダー柄って平凡』といったイメージが変わりました。下記のTシャツは、胸の部分からボーダーが始まり、少しチュニック風です。 AラインTシャツ

スポンサードリンク
ネイビー

偏見もあるかもしれませんが、低価格のTシャツってシンプルなデザインが少ない気がしています。こんなに安いのに、こんなにシンプルなんてと、驚いてしまった1枚です。 AラインTシャツ

ペールピンク

昨年私が、ベルメゾンで購入したTシャツも、このピンク色です。もうピンクを着るのは気が引けるけど、柔らかい雰囲気のTシャツが欲しいと思っていた時、目に入り買ってしまったのです。この色は着てみると、セピア色の映画ような、懐古的な気分になれるんです。 AラインTシャツ

ラベンダー

フレームの中にコーヒーが描かれていますが、女子ってこう言う飾り枠のフレームに、キューンってなっちゃうんです。フレームがあるだけで、プレミアム感を、意識するからなんだって思います。プレミアムなコーヒータイムを、イメージさせる1枚かな? AラインTシャツ

にこちゃんプリントTシャツ

Tシャツのどこかに、にこちゃんマークが入っています。Aラインであることに合わせて、後ろ丈が前より少し長めになっていて、さりげなくお尻を隠してくれます。前側は短いのでロングであることを、周囲に気づかせない配慮です。

布地は薄からず厚からず、熱い日差しの中で、汗を吸収してさらにべっとり感を感じる前に程良く乾いてくれる厚さとなっています。

ロゴの文字と色が、どことなくオシャレでぶっきら棒に見えません。これって、やはりデザイナーの技なのかな?

オフホワイト(フロッキー)

少し懐かしいピースマーク。世界情勢がちょっぴり心配な時代に、さりげなく平和を願うTシャツを着る方法もあるんですね。ピースマークが、また流行るといいな。 AラインTシャツ

ブラック(フロッキー)

袖のところにピースマークが入っています。女性の胸をしげしげと見るのは、気が引けるけど、袖口なら遠慮をする人はいないはずです。多くの人に、ピースマークを見てもらうなら袖口ですね。 AラインTシャツ

スポンサードリンク