簡単に着れるゆかた3~5点セットを、72銘柄からエティックの浴衣

広告

花火大会の主役の座は、まだ譲りたくない女子へ

夏の風物詩と言えば、真っ先に来るのはやはり、花火大会と浴衣なんじゃないでしょうか?今年の夏のゆかたは、もう用意できていますか?まだまだなんて言っていると、よい柄は、あっという間に無くなってしまいますよ。 エスティック浴衣着たところ画像

浴衣にも流行があるのよね

日中の照りつけた日差しが陰る頃、素足に下駄を履いた女性のゆかた姿は、なんとも涼しげで、心は華やぎます。最近の浴衣の柄や色は、ラメ入りのものがあったりして、母親のお下がりで我慢できなくなっている方も多いですね。

一緒に過ごす方に合わせて、流行りの柄、古典的な柄と使い分けるのもまた面白いかもしれません。

こんなこと言えるようになったのは、浴衣が手ごろな価格で、しかも造り帯で差し込むだけのワンタッチで簡単にゆかたが着れてしまう時代になったからです。浴衣を着るだけなら、着付け教室で1日学べば大丈夫ですが、帯となるとねぇ~。

下記の写真のとおり、差し込むだけで、帯ができてしまいます。何と簡単。 エスティック浴衣帯の画像

この値段とは思えない風格の柄が72種類

柄も間近かで見ても、とても3990円のものとは思えないほど、風格があります。綿100%です。少々大胆な行動や、ヤンチャをやるのも気兼ねが要らないし、行動的になれそうな気がします。

種類は、なんと72柄。大柄あり、小柄あり、可愛らしくキュートに見せるもの、大人っぽくシックに見せるものと色々です。

ゆかたのセットの内容は、新作かどうかで分かれています。新柄の浴衣は、3点セット。

  • 浴衣、帯、げた
  • 定番の浴衣は、5点セット
  • 浴衣、帯、帯紐、下駄、髪飾り

一番上の写真の浴衣を個別に紹介します。

スポンサードリンク

ビニール袋に真空パック(?)で届けられて、鮮度は抜群です(笑)。 エスティック浴衣開封前の画像

『格式ある呉服屋さんで購入したの』って言いきっても、ばれないくらい落ち付いたデザインの柄です。 エスティック浴衣柄のアップ

黒地に赤と白の小花に、キチンと生えるオレンジを合わせているところがポイント。結ぶ必要が無い造り帯だから楽ちん。 エスティック浴衣帯のアップ

下駄

深紅のふわっとした鼻緒が、気持ちを華やかにさせてくれます。くすんだ焦げ茶色の下駄に、『あれ』と意外性がありましたが、明るめの色よりは、素足にぺティキュアを塗った色が生えます。 エスティック浴衣、下駄

横から見たら、下駄というよりは、草履といった方がいいくらい地面に接している部分が多い事に、またびっくり。盆踊りや花火大会と夜道を歩くのに、接着面が広い方ので、ころぶ心配もなさそうです。 エスティック浴衣下駄

私がこの下駄で気に入ったのは、何と言っても、底が滑らないゴムでできているところです。人通りが多い場所で、押されても、これなら踏ん張れそうですね。 エスティック浴衣、下駄の裏面の画像

沢山種類の中から、自分に合う柄をみつけてくださいね。

スポンサードリンク