ユニセックス風に決める、ウォッシャブル・パンツスーツ

広告

仕事の勝負日はやっぱりパンツかな

細身のパンツスーツは、男女問わずに好感度が高いので、1枚は持っておきたいものです。洋服がユニセックス風だと、性格まで淡白で細かい事に、こだわらない女性に見えませんか? パンツスーツ

大股で歩けるのもパンツならでは

特に、走ったりする仕事の多い女性にとっては、コンパスを広くとって移動が可能はパンツはとっても便利です。踏み台の上に登ったり、しゃがんで低い場所の物を持ち上げたりといった動作は、見られていないようでしっかりチェックが入っているものです。世の中、紳士的な男性ばかりではありません。気をつけなくては・・・

写真は、エスティックのウォッシャブル・パンツスーツです。

デザインと機能性のバランスがいい

ジャケットの長さは、お腹やヒップの気になる部分を隠してくれながらも、パンツの横にあるポケットに、手をいれるのが邪魔になりません。歩く時も、ジャケットが腿にあたることが無いので、ストレスも少ないはずです。

シルエットは細く見えるし、実際細身に作られているために、サイズ選びには、注意がいるところ。特に袖のラインを肘で少し絞って、そで口では開いているというデザインが、凝っていますね。肘周りが筋肉な人は、注意注意!

スポンサードリンク

裏生地が付いていて、気になる下着のラインへの配慮をされています。ウエストの上を絞ってあるので、シャープに演出できることと同時に、足が少し長めに見えます。

女性だって、ジャケットの内ポケットは大活躍

ジェケットには、内ポケットやフロントポケットがあって収納に困りません。フロントポケットはスマートフォンが入るサイズなので、休み時間さりげなく、友達からのメールチェックも目立たずできます。

内ポケットは、名刺や小銭を入れておけば、バックを持たない男性との行動にストレスを感じることなく過ごせそうです。あっ、名刺はディスクの引き出しの中で』なんてセリフは、そろそろなくしたいと思っていたところです。

パンツだとメンタルも強くなる

『少し話が込み入りそうな時とか、今日は感情が露骨に出てしまうかも』って思った時は、こう言ったパンツスーツをさりげなく着てみるのも手ですね。コスチュームで気持ちを抑えられそうです。女性って、意外と、着ている服のデザインで気分が左右されるものだと思いませんか?

私の友達は、勝負の日(仕事のですよ!)は、真っ赤なスーツを着て来ます。それはそれで、ちょっと、考えるものありますけどね。

スポンサードリンク