スポンサードリンク

毛穴カバー用下地クリームで、毛穴落ち対策

メイクのバランスを崩さず、毛穴をカバーできるのが魅力

毛穴カバー用の下地クリームは、テスクチャーが様々です。『粘性のあるもので、毛穴を埋めて、後は勝手にファンデーションを均一に埋めて目立たなくさせて頂戴』といったものや、『シリコンで肌を引き締めて、毛穴を小さくするもの』などでしょうか?

全ての毛穴のタイプを隠せる下地はなかった

毛穴と一口に言っても、タイプは色々。20代~30代の方に多い皮脂が詰まる角栓毛穴、30代~40代に多い乾燥毛穴(この年代は大人ニキビに悩まされる方もいます。)、40代~50代はたるみ毛穴などです。 鏡と化粧品

従来の毛穴カバー下地は、想定したタイプの毛穴だけ

下地クリームを作ったメーカーが、想定している肌質や毛穴のタイプの方はなら満足が行くはずです。でも、残念ながら万人向きではないと感じていました。

その昔、『毛穴カバー下地を使っているので、これ以上隠す事は無理なんだわ』と諦めながら、メイクをしていた気がします。 しかも使用していたコスメメーカーは、毛穴カバー用の下地が、突然販売中止になってしまいます。想像ですが、結構苦労していると感じるのです。

長く続いているスムースマットベース

オルビスのスムースマットベースは、何度もリニューアルを重ねてきたヒット商品です。

最初は、毛穴の縁の影が毛穴の底に落ちるのを、光の乱反射で防ぐ機能がウリでした。色がベージュなので、影以外の黒ずみも隠す事も可能だったのです。

つけ心地も、他の毛穴下地やコンシーラと比べ物にならないくらい軽く、薄付けでふわっとしています。コンシーラーのように修正していますといった痕跡もなく、メイクの厚塗り感がなく、自然な仕上がりになります。

塗った後は、つるんとキメが全く見えなくなります。私は、一瞬目が悪くなったのかと思ったくらい、ピンボケに。 オルビススムースマットベース

スポンサードリンク
うまく引き締まらなかった毛穴にも対応

メイクを行う朝のスキンケアは、毛穴を引き締めるために冷水を使用したり、ビタミンCを使ったりしているはずです。体調によって、うまくいかない時もあります。

年齢毛穴のように、ゆるみがではじめたら、スキンケアだけではそうそう毛穴も引き締まりません。『毛穴ケアも頑張っているんだけど』という言い訳より先に、今日のメイクを成功させることの方が先決です。

そんな引き締まらない時にも頼りにできる機能が、追加されています。 オルビススムースマットベース

毛穴落ちにも対応する乾燥対策

時間の経過と共に乾燥して、毛穴落ちをしてしまうこともあります。昨今のオフィスの空調は、肌をカサカサにします。

今回バージョンでは、乾燥した場合は周囲から水分を吸湿して、補う事ができると書かれています。

私が今持っているのは、現在オルビスのサイトにあがっている前バージョン(結構伸びが良いので、長持ちします。)ですが、毛穴落ちも引き締め感も満足できる状態です。毛穴落ちは、気にはならない程度ですが、ちょっとあります。

新しいバージョンのものに、充分、期待してよいと考えます。 オルビススムースマットベース

別に下地クリームでなくても毛穴は目立たなくなるけど

確かに昨今のメイク用品は、性能が上がって、下地クリームでなくても毛穴をカバーする事は可能です。例えば、肌のコンプレックスをカバーするアイテムとして、コントロールカラーやコンシーラー、ルースパウダーなど色々あります。

ただ、クリーム人塗りで隠せる手軽さには叶いません。他のメイクとのバランスを邪魔することなく、沈黙のひと塗りで、毛穴が隠せる下地クリームというのが、可愛いところです。

スポンサードリンク